話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

九十九異能者物語

白木飛鳥

第7話 全員集合

係長などの考えで僕は氷川さんの家で過ごすことになった。

【僕の家では】
 鹿島「さてと、必要なものをまとめたがこのわんこたちはどうしたものか・・・。」
  僕「氷川さんの家ペット禁止ですよね?」
 洲崎「そうなのよね・・・。」
 鹿島「大家に直談判するしかないな・・・。」
 洲崎「あんたできる?」
 鹿島「できるわけないだろ・・・。あの大家は苦手だ。」
  僕「そんな怖い方なんですか?」
 洲崎「氷川には厳しいのよ。ああいう性格だから・・・」
  僕「僕が頼んでみます・・・。」
 寒川「車準備できたわよ。」
 鹿島「よしじゃあ、氷川のうち行くぞ。」

【借家チームは】
 浅間「何軒くらい必要かしら?」
富士宮「そうだな町に3、隣の町に2くらいじゃないか?」
 浅間「じゃあ、ここはきまりよね。」
富士宮「あとは、家具とかをどうしたものか?」
 浅間「家具とかはもう注文しておこうか・・・。」
富士宮「冷蔵庫、洗濯機くらいだな・・・。」

【アジトに向かったチームは】
 係長「そういえば、氷川とこうやって歩くのは何年ぶりだろうな。」
 氷川「そうですねー。しばらく歩いてなかったですね。」
 係長「西野はどうだ?」
 氷川「慣れてきてるとは思いますが・・・。少し不安な所ともあります。」
 係長「たとえば、弱いものなどに対してか?」
 氷川「そうですね。」
 係長「まあ、やさしいのはいいことだがな…」
 氷川「あとは、昔の僕を見てるようで・・・」
 係長「たしかに、西野とお前は似てるな・・・。」
 氷川「あのままじゃ、白虎くんが傷つくことになる。俺が止めなきゃいけないとは思うんですが・・・。止め方がわからないです。」
 係長「そうだな、俺も悩んだことがあるよ。」
 氷川「どうやって止められたんですか?」
 係長「止められなかった。俺もその時は未熟だったからな。そいつを見てからは教えなくなった。自分で気づけるだろうって思ったし。」
 氷川「それって・・・。」
 係長「さぁ、湿っぽいのはもうここで終わりだ。先に行ってる二人のところに早くいくぞ。武蔵。」
 氷川「懐かしい呼び方をしてくれますね。」

僕らがアジトに着くと係長と氷川さん、富士宮さん、浅間さんともう二人がいた。

 氷川「おう、白虎くん。ついたね。」
???「そちらが、氷川君の弟子の西野くんね。」
  僕「西野白虎です。よろしくお願いいたします。」
???「三嶋伊豆《みしま いず》よ。よろしくね。」
???「真清田尾張《ますみだ おわり》。よろしく。」
 鹿島「で、ここがあの女がいるのか・・・。」
 洲崎「久しぶりに全員揃ったわね。しかも白虎くんもいるし。」
 寒川「全員がそろって仕事ってことは変な感じするのよね。」
富士宮「まぁ、なんかこの係発足したときみたいだな・・・。」
 浅間「ってことは誰かがミスしたら全員分の飯おごりね。」
 氷川「さぁ、暴れまわろうか・・・。」
 係長「じゃあいくか・・・」

これから、僕の仲間、同じ分身に会うのか・・・。

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く