話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

九十九異能者物語

白木飛鳥

第6話 真夜中散歩

今までならこんな時間に散歩なんかしないが6匹の子犬を連れて散歩してると
なんとなく運動がてらいいんじゃないかと思ったりもした。
6匹とも喧嘩もせずにのんびりテクテク歩いている。

  僕「こんなに夜は静かなんだな、この町は・・・。」

僕がしゃべると反応するのは犬しかいないのでなんだか寂しい。

  僕「あー。こんな時誰かいればな。」
???「あら、今晩は。」
  僕「こんばんは・・・。」
???「かわいいですね。」
  僕「ありがとうございます。」
???「気を付けてくださいね。私は雀宮天音《すずめみや あまね》よ。最近この町に来たのよ。ある人を探しにね。」
  僕「よろしくおねがいします。」

一言で表すなら「美人」である。

 雀宮「そういえば、わたしの妹もあなたと同じくらいよ。あったらよろしくね。」
  僕「は、はぁ。」
 雀宮「まぁ、そのうち会うとおもうわ。じゃあね。」

もう一言加えておこう「変人」。
かえって一匹ずつ足などを拭いてから寝ることにした。
かわいいことに6匹とも僕のベットの上に来たのだ。

  僕「まぁ、いいか。おやすみ。」

次の日、散歩をしてから異能者係のオフィスに向かった。

  僕「お疲れ様です。」
 氷川「おう、早いね。」
 鹿島「全員揃ったな。係長話してくれ。」
 係長「西野が見つかってから2週間弱。二人目の幻獣異能者が見つかった。おそらく【朱雀】の幻獣異能者であると思われる。」
 洲崎「なるほどね、その子は今どこにいるのかしら?」
 係長「それがな、、、この町にいるんだ。」
 寒川「どうして??」
 係長「姉と住んでいるらしいが、西野のことを調べていたらしい。」
  僕「僕のことですか・・・?」
 浅間「妹の名前は雀宮紅音《すずめみや あかね》。」
  僕「雀宮?」
富士宮「なんだ、白虎くん。知り合いか?」
  僕「多分その人の姉に会いました。」
 氷川「まじか、襲われたりは?」
  僕「いや、してないですけど。」
 係長「あちらもこっちのことを調べてるってことだな。」
 寒川「真清田と三島にも伝えておきます。」
 氷川「じゃあ、今日から白虎くんは僕の家に来てくれる?」
  僕「え?」
 鹿島「そうだな。荷物まとめてきたほうがいい。一人は危険だ。いつ姉が現れるかわからんからな。」
  僕「あの人はそんな危険なんですか?」
富士宮「A級の犯罪者だ。異能者であり、異能者の敵である。」
  僕「ほんとうですか・・・。」
 係長「じゃあ、鹿島と洲崎は西野と同行。寒川は車の手配。浅間と富士宮はダミーの借家の用意。氷川と俺は偵察に行こう。」

その場にいる全員が仕事に集中した瞬間だった。
そして、同時にとてつもない緊張感が僕を覆いこんだのであった。

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く