話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

約束の大空

佳川鈴奈

43.ひとときの夢 不穏の訪れ -花桜-


明里さんと山南さんと過ごすゆったりとした時間。

長く続くと思いたかった時間も、
ふいに立ち上がった、山南さんの足音に崩れ去る。


「山南さん?」

「明里、落ち着いたらまた顔を出します。
 店主には身請けの話を通して帰る。

 近くの長屋に住まいを借りて、その場所でゆっくりと過ごせるようにするとしよう。
 その時にはもう一度、山波君を連れて来るよ」


明里さんに告げると山南さんは部屋の障子に手をかける。


「山波君、私と共に……」


差し伸ばされた手を取って、
私は懐かしい香りのする場所を後にした。


「明里さん、また来ます。
 今日は有難うございました」


明里さん……多分……私のご先祖様になる朱里おばあさまに、
お辞儀を終えてゆっくりとその部屋を後にした。


池田屋事件の後からどれくらの時間が過ぎてるんだろう。


ずっと閉じ籠っていたから、
全ての出来事から置き去りにされてる。



「山南さん?
 急に明里さんの傍を離れてどうされたんですか?」



そう問いかけた私に歩くスピードを緩めることなく、
さりげなく返された言葉。




「私が調べた情報ではそろそろのはずなんですよ。

 長州に不穏な動きがあると……。
 池田屋事件の際、京の火付けが噂されたと聞きます」

「はい。
 京の火付けを阻止した……新選組は英雄だと」

「英雄?」


立ち止まって不思議そうに私を見つめる山南さん。



「あっ……私……。
 無意識に未来の事を話したんですね」



瑠花のように歴史に強くなくても、
それでも知ってる新選組のエピソードだったある。



「構いません。
 今は私しかいませんから」




池田屋の後、長州が来るって何があった?
あぁ、もう少し真面目に勉強しておくんだった。


半ば思い出せない歴史に頭をかきながら考え込む。




「山波君、まだ噂の域を脱しませんが、
 長州が天王山に布陣を構えたと言うのです。

 御所を狙うとも伝わってきています。

 池田屋以降、長州の動きも一時の沈黙を見せましたが
 至る所で、企みがあるような情報も耳に届いているのです。

 それらの情報を重ね合わせて、感ずるに今夜がその時かと」



そう言いながら山南さんが私を連れて向かうのは屯所の方角。


帰る私たちとすれ違っていくのは甲冑に身を包んだ、
御所を守るために参じた幕府勢力らしい人。



「山南さん?

 新選組は?
 瑠花や舞たちは?」

「我ら新選組にも、今頃は出陣の命がくだっているかもしれませんね」


そう呟きながら、山南さんは怪我をしてから
思い通りに動かなくなった腕に視線を映した。



「山南さん……」


思わず、その不自由になった腕に自分の手を添える。



「山波君、大丈夫です。
 私にはまだ、やるべきことがあります。

 第一線で動き続けるだけが、総長の職務ではありませんから。
 その為に私は屯所に戻るのです。

 今の私に出来る事をするために」



そう言って力強く告げた山南さんは、
再び屯所の方へと走り始めた。



屯所付近まで帰宅すると裏口から中庭へと侵入する。


隊士たちで溢れかえるその場所は少数の隊士たちを残してガランとしていた。


庭のところどころに焚かれる松明。


松明が照らし出す、その庭にほとんどの人気はない。



「山波君、炊事場を頼めますか?

 大量のお湯を沸かし、お味噌汁とおむすびを。
 米は後から、私がお持ちします」


言われるままに、何がどうなるのかわからぬままに
炊事場へと向かう。


舞と瑠花がいるかも知れないと想いながら、
顔を出したその場所に二人の姿はない。



「山波さん、総長に山波さんのお手伝いをするように承りました」


そう言って姿を出した隊士に私は問いかける。



「瑠花と舞は?」


「岩倉君と加賀君は斎藤さんたちと一緒に出陣しました」



隊士が告げた言葉は、私の想像を超えた返答で。


不安に思う中、山南さんは約束通り炊事場にお米を持ち込んでくる。

お米って言っても、手渡されたものは今で言う雑穀米。


「山波君、これを焚いておむすびを。
 こうしている間にも、京の人の悲鳴は消えることはありませんから」



何かを悟っているかのように紡がれた言葉。


言われるままに無我夢中で炊事場に立つ。


あれほどに、震えていた包丁も何時の間にか思い通りに使えた。
次々とお湯を沸かし、米を焚き、おむすびをこしらえて味噌汁を作る。


隊士たちが帰ってきた時に振る舞うため?
戦を終えた人たちを労うため?


当初、そう思っていたのに
これは別の用途の為の支度だと知った。


全ての準備が整って、気分転換に庭の方に出た頃、
狭い屋敷の中にまで届く人々の声。



『戦をするなら、
 別のところでどうしてやらない?』


『わしの家を返せ』


『新選組が京の町を焼いた』


『何が京都を守るだ。
 他所もんが、京を荒らした』





屯所の門前に集まって来たのは京の町人たち。

戦の為に、家を追われて住む場所を失った被害者。


屯所を警護する隊士たちは、一触即発になりそうな
町人たちに向けて戸惑いながらも刃物を向ける。


その刃物を向ける隊士たちも、
困惑の表情を見せながら隊務だからと
必死に言い聞かせて、刃物を向けているようにも見えて。



「その刀をおさめなさい。
 話は私が承りましょう。

 新選組は京を守護する者。
 守るべきものを、はき違えてはいけませんよ」


穏やかな口調だけれど、真剣な眼差しをして、
ゆっくりと門の方へと近づいてくる。



「山南さん」「総長」次々とあがる声。



「責任は私が受けます。

 町人たちを中へ。
 山波君、食事をこちらへ運んでください」



指示されるままに頷いて私は炊事場へと食事を取りに向かう。


山南さんは、
こうなることを見越していたの?


必死に作った、おむすびと味噌汁を町の人たちに次々と配る。

火傷の後を水で洗い流して薬草を貼って包帯を巻く。

転んで怪我した傷口をお湯で洗い流して消毒する。


争いに巻き込まれ、穏やかな生活を奪われた怒りを
他所者の一員である新選組へと怒りの矛先を向けてきた町民たちを
留守番役の隊士たちは、一丸となってその怒りを鎮めていく。



新選組に敵意を感じていた京の町人たちの、
心を少しずつ解していく山南さんによる、
歩み寄りのほどこし。




ボランティア?
罪滅ぼし?




真っ赤の炎は三日間暴れて、京の町の殆ど焼き尽くした。


避難民である町人たちを寺で過ごせるように住職に交渉して移動させ、
僅かな期間でも落ち着ける場所を提供すると、
今度は屯所に戻って炊事場を守るものと、寺に残り町人たちの世話をするものと別れて
慌ただしく動き続ける。


そして一段落した時、隊士たちと共に
屯所の自分の持ち場へと帰ることが出来た。


「山南さん」


次の炊き出しの準備の合間に、山南さんへと声をかける。


「山波君、貴女も良くやってくれました。
 何とか乗り越えたようですね。

 京を守る存在である我らが、京を戦火に巻き込んでいく。

 世の中の無情は辛いですね。
 私も少し休みます。

 山波君も、お願いしている作業が一段落したら少し休みなさい。 

 あぁ、それから……良く頑張りましたね。
 山波君も自分の芯を見つけたように感じました。

 明日からも寺に避難する人々のお世話も頼みましたよ」
 

「はいっ。

 私だけじゃなくて、帰ってきたら瑠花や舞にも手伝って貰って
  少しでも早く、傷ついた町が回復するように私も頑張りたいです」


そうやって答えると山南さんは、
柔らかに微笑んで立ち去っていく。


山南さんの背中を見送りながら、
その穏やかな時間は長く続かないのだと知る。



山南さんの……
ご先祖様の試練は多分少しずつ忍び寄ってきてる。



屯所の仕事に復帰した私は、
その頃から屯所の家事・寺でのボランティア。


そして山南さんが身請けして住まわせるようになった、
明里さんの家へと足を運びながら過ごすようになる。



そうやって忙しい日々に追われながらも、
充実した時間を過ごしてる中、一つの事件が起きる。



池田屋事件の報奨金が出たのを受けて、
隊士たちに給料が支払われた。



無論、池田屋事件に出動する形になった私にもかろうじて給料は出されたものの
屯所を守る者たちには、その報奨金は支払われない。



その時、池田屋に踏み込んでいない山南さんにも報奨金は支払われなかった。


山南さんは、それでも穏やかに微笑んで明里さんの元や、
寺のボランティアを手伝っていたけれど屯所内には不満の声もあがりはじめる。



多くもらったもの、貰えたけれど殆ど貰えなかったもの。

全く貰えなかったもの。


隊士同士のいざこざも絶えず、屯所内の雰囲気は決して良いとは思えない。
不穏な気配が確実に忍び寄ってきているように感じた。


44.気になる咳 束の間の刻(時間) -瑠花-


私たちの時代で言い伝えられる禁門の変が終わった。

総司に協力して貰って久坂玄瑞を舞に看取らせた。


そんな歴史、私たちの世界には伝わってない。
史実を壊してしまったかも知れない。


だけど……今、それを確かめる術はこの世界にない。

ただ私たちが生きるこの場所【今】が、
リアルであると言うこと。


そしてそれだけが、私たち三人にとっての真実。

鷹司邸に久坂玄瑞が居てくれたのは、
ある意味奇跡に近かったのかもしれない。


だけどその奇跡が舞の願いを聞き届けることが出来た。

そう言う風にも考えられるのかも知れない。


そう感じる私も確かに居る。



だけど……あの場所で舞の命を落とさせちゃいけない。
そう思った私の心は大切にしたいから。


久坂玄瑞たちを苦しませないように、
その命を自らの剣で奪った総司。


総司の表情は決して変わることはなかったけどチクリと痛む心。

また悲しい運命を背買わせてしまったよね。


私が言いださなければ、
総司は二人の命を奪うことはなかったかも知れない。


屯所の留守番役だったか、近藤さんや土方さかたちと
何処かに戦に出ていたかはわかんないけど、
今とは違った未来を生きてたかもしれない。


なのに……総司は、私の望みを叶えて立ち止まり続けることなく、
あの場所から私と舞を連れて、こうして屯所へと送り届けてくれてる。


気を失った舞を背中に負ぶって、私の隣をゆっくりと歩きながら。



「総司……ごめんなさい」



暗闇を二人歩きながら小さく呟く。

ふと立ち止まった総司に釣られるように私も足を止める。



「瑠花は優しいですね。
 気に病むことはありません。

 これが僕の生き方なんです。

 未来に伝わる瑠花の知る時代の僕がどんな存在なのか、
 何をしてどう生き抜いたのか僕にはわかりません。

 瑠花が教えてくれた、労咳になって倒れると言うこと以外
 僕には知る由もありません。

 ただ……どんな未来になっても僕は僕で在り続けたい。
 それだけは今の僕の確かな思いです」


総司はそう言うと、
またゆっくりと歩き出した。


全てを見透かしているように振る舞い続けた私が、
何故か総司に全てを見透かされてしまった錯覚に陥った。



再び歩きながら、総司の整った横顔を眺める。



沖田総司と言えば気になるのは結核。



結核になる総司の歴史が、この場所で訪れるのかどうかも
わからないけど……気にならないはずはない。


ドラマだけの物語の中だけじゃなく、
沖田総司と言う一人の男性を好きになってしまった今、
何よりも気になってしまう出来事になってた。



「瑠花、少し急ぎましょうか?
 屯所の方が少し騒がしいみたいです」



そう言って私を振り返ると、
総司が歩くスピードを挙げていく。



急いで向かった屯所の前には予想外の光景が広がる。



屯所を囲むように集まっている、
大勢の京の町人(まちびと)。


椀によそわれた味噌汁を持ち、おむすびを頬張る人たちの姿は、
疲れ果ててるようにも見える。


そんな人混みを掻き分けて屯所内に入った後も、
そんな町の人たちで溢れかえってた。



「瑠花、お帰り。

 お待たせしました皆さん、
 まだありますから慌てないで必要な分だけとってください」



何時の間にか元気になってた花桜が、
お盆一杯に、おむすびを作って振るまってる。


そんなおにぎりに次から次へと手を伸ばしていく町の人。



良く目を凝らしてみると、傷を負ったらしい人も居て
そんな人たちの腕や足には真っ白な布が当てられていた。




「瑠花、加賀を部屋に寝かせて来たよ」



私が花桜と話してる間に、舞を部屋で寝かせてきてくれたらしい総司は、
肩をクルクルと回しながら私の方へと近づいて来た。


「総司、あちらは終わったのですか?」


奥から手当てをしていたらしい道具を片手に姿を見せたのは山南さん。


「すいません。
 山南さん、僕……本来は留守番組でずっと此処に居るはずだったんですけど」


その先を濁したまま総司はじっと私の方を見つめる。


「すいません。

 山南さん総司は悪くないんです。

 舞と私が出掛けたいところがあって、二人じゃ危険かなーって、
 総司にボディーガード……あっ、護衛?を頼んで」


慌てて一息で言い返す私に山南さんは穏やかな眼差しのまま微笑んだ。


「咎めることはしませんよ。

 岩倉君と加賀君、お二人の目的は無事に果たされて帰って来た。
 そう思って宜しいのですね」


そう問われた質問に私はゆっくりと頷き返した。


「では岩倉君、宜しければ山波君と一緒に被害にあわれた
 方々のお世話をして頂いて宜しいですか?

 総司、寺の和尚に難民たちの一時受け入れを頼めますか?」


その後は、山南さんに指示されるままに避難して来た人たちにご飯を振舞、
手当をしてお寺へに依頼して休める場所を手配する。


屯所前、屯所の庭で座り込んでいた人たちを
お寺に案内して、休めるように支度を整えた後、
私は総司の姿を探し求める。




気になるのは、何度か聞く総司の咳。




ケホケホっと咳が聞こえる度に、
肺結核を発症したの?ってドキっとしてしまう私がいる。



ちゃんと確認しなきゃ。





お寺の周囲を総司を探して走り回った私の目には、
戦が起こった御所の方角をボーっと見る総司の姿。



赤々と空を焦がす大火が遠くの方で確認できる。





「あの下でも……焼け出された人たちがいるんでしょうね」



消えるような声で小さく呟いた総司。




「そうかもしれないね。

 生きるための戦いのはずなのに、
 その戦いの何処かで悲しんでる人がいる。

 本当に悲しいね」


「瑠花の世界は
 どうだったの?」



問われて思わず住んでいた世界を思い返す。


面と向かって見つめることなんてなかったけど、
脳裏に浮かぶのは、流れるように映ってたTVの映像。 



外国の戦争風景。

TVに映し出された空爆風景。

それは目を瞑りたくなるような悲惨な光景だったけど、
だけど私が住んでるこの場所は平和だったから、
そんなに意識したことはなかった。

だけど……この場所で戦いを知った途端……
そんなTVが映し出してきた風景の感じ方が変わった。

あの場所でも……友を失って哀しみ、家族を失って泣き叫んでる
一人一人のドラマがあるような気がして。



「……似たようなものだよ……」


総司の手をおそるおそる掴み取って伝わる温もりを感じながら呟いた。
それから暫く二人で黙って同じ方角を見つめる。


沈黙の時間を打ち消したのは、ケホケホっと続いた総司の咳。


思わず総司の背中を摩りながら覗きこむ。



「……総司……、何時からなの?」

「ここ暫くでしょうか。
 もしかして風邪をひいたのかもしれませんね」


紡がれた言葉に思わず総司の額に手を伸ばす。


驚いたような表情を浮かべて戸惑っていた総司も、
手を払いのけるわけでもなく、私の思い通りにさせてくれた。



「熱……大丈夫そうだね。
 だけどやっぱり心配だよ。

 明日、お医者さんに行こう?」



思い切って総司に提案する。




病院に行って総司の病気が風邪なら一安心。


肺結核なら……私も何とかして、
現代に帰る方法を本気で探したい。


総司に残される時間は僅かってことだから。


少しでもこんな緊迫し続ける状況から解放されたいと
望む私の我儘。




三日間、京の町を焼き尽くした大火はようやく落ち着き、
何時もと変わらぬ状態を取り戻した屯所に戦組が帰ってくる。


戦組は、禁門の変のお互いの武勲を讃えあい
留守番役に自慢げに話す。



留守番役たちが、どんな思いでこの場所を守って来たかなんて
誰も知ろうとはしない。


何時もと変わらぬ毎日で、ただ一つ違うことは、
今もお寺に炊き出しに向かうのが私と花桜の日課になっていると言うこと。


舞も目覚めてからは、
私たち同じように行動を共にする。



三人で炊き出しの支度をしていると、
思わず此処が幕末だと言うことを忘れそうになるくらい
何処か穏やかなひと時だった。




炊き出しの支度を落ち着かせると、
それぞれの時間を送り始める。



花桜と舞は道場へと顔を出し、
私は総司を引っ張って町医者へ。



そこで診察をして貰った後、
姿を見せた総司はにっこりと笑いかける。 




「診て貰いましたよ。

 体力が低下しているのが原因で、
 夏風邪が長引いてるみたいです」


「本当に?
 信じていいの?」

「えぇ」



そう言って総司は何事もなかったように病院を後にする。

帰り道、総司は寄り道をしてみたらし団子を買ってくれる。


美味しそうに食べながら笑う、
そんな総司をずっと見ていたい。


穏やかに続く今が、例え束の間だとしても、
かけがえのない幸せの時間なのかもしれない。




そう思えた時間。



何時まで続くのかわからない。



だけど……今はこの時間を心から楽しんでいいですか? 


未来の事など考えずに、
ただありのままの感情で……。

「約束の大空」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く