話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

約束の大空

佳川鈴奈

41.舞の想い 私の覚悟 -瑠花-

長州の動きが活発化して騒がしくなっている。
そんな情報が飛び交う屯所内。


私の生活は何も変わらない。


歴史上、次に訪れるのは蛤御門の変。
別名、禁門の変。


禁門の変の訪れを緊張した空気の中で待ちながら、
私はいつもと変わらない屯所内の仕事を続けていた。



朝夕に顔を出す花桜の部屋。


池田屋事件から、花桜の時間は今も進まない。

そして大木に括られて発見された舞もまた、
大きな問題を内に秘めて、苦しんできてた。


舞が長州の人たちと一緒に居たなんて。



禁門の変の訪れが告げるものは、舞の苦しみの時間。
舞の選択がどんな選択でも、私は舞を見届けたい。


本当は花桜と一緒に見届けられたらいいけど、
今の花桜にそれを求めるのは酷だから。


炊事場で、沢山のおむすびを握りながら
私の心もグルグルとこの先の未来を考える。



「岩倉さん、これで最後だ」



そう言って空っぽになった釜を見せてくれる
井上さん。



「わかりました。
 じゃ、私これを配ってきますね」


お盆にのせた大量のおにぎりを持って
庭へと飛び出す。




「お待たせしました。
 おむすびです」



屯所内に響くように声を張り上げると、
それぞれの時間を過ごしていた隊士たちが
次々と手を止めてお盆の上のおむすびへと手を伸ばしていく。



次から次へと、お盆が空っぽになるまで手渡しながら
キョロキョロと周囲を眺めるものの、そこに総司の姿はなかった。



「あの……総司……沖田さんは?」



隊士たちに話しかけるも帰ってくる返事は
「沖田先生、そう言えば見かけてないな」って言う
頼りない返事ばかり。


だけどその頼りない返事も、私の不安を煽るには十分すぎて。


そう……何時、症状が出始めるのかわからない
沖田総司の死因の原因ともされる、肺結核……労咳の発病。



私が知ってる書物とドラマの情報では、
この頃の総司は、戦いに出てる作品と出ていない作品に分かれてて
どっちが真実かなんて、私にもわからない。


ただ言えるのは、これから起きる歴史が私の中の真実になると言うこと。


舞や花桜のことが気になりながらも、
今の私は総司のことが気になって仕方ない。


もし神様が本当に居て、願いを叶えてくれるのだとしたら、
今の私は『総司を助けて欲しい』って告げると思う。


こんな言い方したら、ダメだと思うけど……総司の死は病死。

病死ってことは、歴史上絶対に回避してはいけない
鴨ちゃんみたいな存在ではないような気がするから。


総司を連れて、月の世界に帰るの。


月の世界には総司の病気を治せる治療薬が発見されてる。
労咳は……肺結核は治らない病気ではないから。


総司を連れて、花桜と舞と一緒に月の世界に戻りたい。

そんな私の願い。


その為には、今出来る事をやり遂げたい。

私にとって出来る事なんて限られてるけど、
それでも……鴨ちゃんが想いを託した、
この人たちの為に……出来る事を精一杯しておきたい。


そんな私を鴨ちゃんは、
空から見守ってくれるかもしれない。


そんな風に思えるから。



「すいません。もう一つ、お盆とってきますね。
 おむすびは、まだありますから」



空っぽになったお盆に気が付いて慌てて炊事場に駆け込む。


そして次のお盆を手にして炊事場から飛び出した時、
舞が姿を見せる。




「瑠花……私も貰っていい?
 お腹、すいちゃった」



そう言うと、舞はおむすびを一つ手に取って
その場でパクリと口に頬張る。


「うん……美味しい……。

 瑠花、花桜をお願いね。
 私……決めたよ。

 瑠花が言ったみたいに、私……義兄を見届けてくる。

 私はそこに行かなきゃいけない。
 だから教えて欲しいの。

 歴史上、義兄が最期を迎えた場所を」


真剣な眼差しで真っ直ぐに私を捉えて告げる舞の腰元には、
何時の間に手に入れたのはわからない脇差し。



「舞……それっ」

「うん。
 これは人を殺すもの。

 私の身を守るもの。

 知ってる……花桜みたいにはならない。
 だから教えて……私の願いを叶えたいから」


真っ直ぐな舞の眼差しを見ている間も私の脳裏には、
ドラマで何度も見て来た久坂玄瑞のラストシーンが回想される。



「鷹司邸」

「鷹司邸?」

「うん。鷹司邸」

「有難う……瑠花」


舞はそう言うと手に持っていたおむすびを
全て口の中に頬張って、私が手にしていたお盆を横から奪っていく。

モグモグと口を動かして呑み込むと、
にっこりと笑い返す。



「戦支度しなきゃね。
 ほらっ、これは私が持つからお茶持ってきて」


舞に促されるままに、炊事場に駆け込んで両手に一つずつ、
やかんをぶら下げて舞の元へと駆け寄る。


二人肩を並べて再び隊士たちが待つ庭へ。


舞と二人、隊士たちに求められるまま
おむすびを配り、お茶を配り……
この世界に置いての穏やかな時間が過ぎていく。


羽織を纏った隊士たちの声が響く。




「有難う……瑠花。
 沖田さんと倖せにね。

 後……花桜に宜しく」


去り際にそんな言葉を残して、
舞は隊士たちの間に紛れて姿を消していく。




……舞……。




沖田さんと倖せに……花桜に宜しくって何よ……。



そんな言葉、聞きたかったわけじゃない。




鷹司邸に舞は何をしに行こうと言うの?



久坂玄瑞たちと最期を共にするため?
久坂玄瑞たちの死を見届ける為じゃなくて?




舞の言葉が脳裏から離れない。




私が舞を焚きつけた?



ううん……、知らないで時間が過ぎるより
ちゃんと見届ける強さを知って欲しかったから。


見届けることによって、無駄にならない、
そんな命の重さもあると思えたから。


だから……伝えたのに……。




舞、舞が今……思ってることがわかんないよ。




「瑠花、泣いてるの?」



聞きなれた声が聞こえて、
私はその人の方に視線を向ける。


「総司……」


総司もまた新選組の羽織を纏って私の前で笑いかけながら、
そっと指先で涙を拭ってくれる。


「舞を助けたいの……。

 舞が消えてしまいそうで怖いの。
 私を鷹司邸に連れてって」


鼻をすすりながら泣きつくように告げた言葉。



「瑠花、こっちに」


そう言って総司は私の腕を掴み取ると、
庭の茂みへと隠れるように連れ込んだ。



「鷹司邸って何?」

「久坂玄瑞が自刃した場所って言われてる。
 ここに来たばかりの頃、舞だけが別行動だったでしょ。

 その頃、舞は……久坂玄瑞や高杉晋作たちと暮らしてたんだって
 大木に括りつけられて帰って来た後、聞いたの」


突然告げた、舞の過去に目の前の総司を纏う空気は張りつめていく。


「近藤さんや土方さんには報告したの?」



問い詰められた質問に私はただ首を横に振る。

その場で動こうとする総司の手首を握りしめて私の方に振り向かせた。


「大丈夫。

 この戦いは新選組が勝つから。
 その歴史は変わらないから誰にも言わないで。

 舞は歴史を変えたいわけじゃないの。
 舞一人が頑張ったって、歴史が変わるわけない。

 鴨ちゃんの時がそうだった。

 私どれだけ足掻いても、歴史は変わらない。
 動かない。

 ちゃんとわかってる……。

 だから舞に言ったの。

 久坂玄瑞が大切な人なら、私たちに出来る事は、
 その人の最期を見届けることだよって。
 
 だけど……そう言ったのは私なのに、
 舞の言葉聞いたら、どうしていいかわからなくなって」

「加賀は何て言ったの?」



静かに問う総司の声。


「沖田さんと倖せにって。
 後は……花桜に宜しく……って」


そのまま総司の胸の中に
顔を埋めるようにして泣き崩れる。


「瑠花の気持ちはわかったから。
 それで君はどうしたいの?」


告げられた言葉に、ゆっくりと呼吸を整えて、
総司の顔を見つめる。



「久坂玄瑞の死を見届ける舞を私は見届けたい。

 後は舞がその命を終わらせようと望んでいるなら
 それを阻止したい」



そう告げた私の背中をトントンと軽く、
総司はあやすように叩くと耳元で頼もしい言葉を聞かせてくれた。



「いいよ……瑠花のことは僕が守って見せるから、
 傍にいたらいいですよ」


ひそひそ話のように、そうやって告げると総司は、
「近藤さんと土方さんの許可を貰ってきます」っと
告げて私の前から立ち去った。




近藤さんと土方さんの許可。



その言葉に不安を感じないわけじゃなかったけど
今の総司はちゃんと私の想いもくんでくれると思えたから。





何時もは屯所の中で待ち続けるだけだった私。



だけど今回は、私は自分の為に動きたい。


そう思えたから……。





甘いかも知れないけど私が思う覚悟。
それは何があっても見届けて生き抜くこと。


そして……私の中で、
その人の死を命の重さを無駄にしないこと。


鴨ちゃんが教えてくれたことを守り続けること。



舞の想いの行方はわからない。

だけど……私は私が思う道を歩いて行きたい。



一人では難しくて、総司に力を借りることも多いかもしれないけど
それでも誰かの力を借りたっていいと思う。


全てを一人で抱え込まずに、
助け合いながら、前に進む未来があってもいいと思うから。




そして何時か……総司を連れて、
鴨ちゃんの憧れた月の世界に帰るの。



彼の病気を未来で治すために。

「約束の大空」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く