話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

約束の大空

佳川鈴奈

21.記憶の戻る日 - 舞 -



その朝、目が覚めて部屋から一歩外に出ると、
お世話になっている屯所内は騒々しかった。


隊士たちは、何人かで固まって話しながら
隣の邸の方へと駆け出していく。


よそ者の私が声をかけやすい
雰囲気でもなく一人、
隣の邸の方へと歩いていく。


あそこには、確か瑠花さんと、
以前助けてくれた芹沢さんたちがいるはず……。

短い間だけど以前、お世話になってた時期に
住まわせて貰った邸だから。


花桜さんでも誘って二人に会いに行こう。



とはいっても、一人で知らないこの場所を歩くのは
ちょっと勇気がいるのでまずは、
いつもはこの時間帯には元気に雑巾がけか、
掃除に勤しんでる花桜さんの姿を探す。



まずは廊下……。


その場所を覗き見ても花桜さんはいない。



そして道場の方にも顔を覗かせるものの
今日は道場の空気も重くて。


その重さと、今朝の慌ただしさから
何か起こったのだと感じたけれど
とても気軽に尋ねられる状態じゃなかった。


そのまま道場を後にして、
一人、隣の邸の方へと近づいていく。



「ここから先、行かない方がいい」


突然、聞きなれたか声が
私の足を止める。



「どうした?斎藤?」

「いえっ。
 加賀が来ましたので……」



えっ?

加賀が来ましたので……って。
私が来ちゃまずかったの?




「よしっ、長州の奴らに斬り殺された

 芹沢さんと、お梅さん。
 二人のご遺体を丁寧に運び出せ」




奥の方から、知らない隊士の声が
私に気になる言葉を紡ぎだす。





長州の奴らに切り殺された?




長州?



晋兄?義兄?


二人は……このことを知ってるの?



だけど……待って。
何故、長州なの?

長州はこの間、都から締め出されたはずなのに。




なんで?


どうして……この場所で長州の名前が出るの?



しかも……殺されたのは芹沢さんって、
さっきの人言ってた。



「あの……。
 何かあったんですか?」



恐る恐る、壬生浪士組の中で
一番交流が今のところある
目の前の斎藤さんに問いかける。



「昨夜、前川邸に押し入ったものに、
 芹沢さんとお梅さんが殺されたらしい。

 犯人は情報によると、長州藩の人らしいが実際のところは、
 俺にもわからない」


「あの……。

 今朝から、花桜さんの姿を邸内で
 見かけないのですが」


「山波は現在、行方不明。
 どうやら、その現場で居合わせて 犯人を殺害。

 山波にとっては初めての殺し。
 混乱して飛び出したらしいが見失った。

 今も山崎君が探しているはずだ」



えっ?


花桜さんが、
初めて人を殺したって?






身近な存在が人を殺した。



その言葉に、自分の背筋が
凍りつく想いがする。



「あっ……、瑠花さんは?」

「岩倉は部屋に閉じこもって出てこない。
 まぁ、あんなことがあった後だ。

  岩倉自身も、山波と共にいた。
 山波が人を殺した瞬間に居合わせたんだ」



さらりと、淡々と告げられた言葉。



「……平気で人の命を散らすんだ……。
 この世界は……」



えっ?

思わず滑り出した言葉に両手で口元を塞ぐ。


斎藤さんは、ただ何も言わずに私を見つけて
そのまま一言も発することなく何処かへ消えて行った。



この世界は?



どうして?

どうして、そんな言い方するの?


ここは私が居る世界。

私がずっと晋兄や、義兄たちと過ごした
私の世界のはずでしょ。


人が人の命をやりとりするのなんて、
珍しいことじゃない。


悲しいけど……、
それが当たり前の世界だったはずでしょ。


だから……
もうすぐ義兄も天国に行っちゃう。



それが私が辿った歴史。



なのに……どうして?


どうして……今、
この心は悲鳴をあげそうなほど痛いの?



頭の中の靄が少しずつ
晴れていくような錯覚と共に訪れるのは、
割れそうなほどの頭痛。


思わず両手で頭を抱えて、
腰をかがめるようにして、
壁伝いに移動すると誰も居ない場所で座り込んだ。




……どうして……?




ふと脳裏に浮かんでくるのは、
真っ青な青空。



そして……灰色の大きな建物が立ち並ぶ光景。



その中で……笑いあう三人。


花桜……、瑠花……。




何?
私……知ってる……。




花桜のことも……瑠花のことも……。




花桜は……小さい時からずっと一緒に剣道をしてきた仲間。
瑠花は花桜の友達で、いつしか私も友達になれた。


学校は違うのにすぐに二人は、
私を受け入れてくれて学校帰りや休日に一緒にお茶をしたり、
買い物行ったり……沢山の時間を過ごしてきた親友。



……そうだ……。



全国大会の帰り道……突然の雨に降られて、
私たちはこの世界に飛ばされた。


そして……私は記憶を失い、
晋兄や、義兄に助けられたんだ……。



靄が晴れていくのと共に、
痛みがすぅーっと引いていく。



そしてそれは、息苦しかった呼吸も
ゆっくりと穏やかにしていった。


壁に背中を預けて、肩で息を整えながら
ふと空を見つめる。




……花桜……。





呼吸も痛みも落ち着いた頃、
ゆっくりと、立ち上がる。




改めての覗く屯所内は、
何処か色が鮮やかに見えた。



隊士たちは、
今も忙しなく動き続けてる。



誰が殺したかなんて、
目撃してたわけじゃないからわからない。



だけど亡くなった人は残った者たちが、
天国に見送るのはどの時代でも同じことで。


すれ違う隊士さんに、
思い切って声をかける。




「あっ、あの……。
 花桜が、人を斬った場所教えてください」



花桜の名前を出した途端、
隊士さんは、私の方を真っ直ぐに見つめる。


「私、花桜がこの世界で頑張ってきたこと、
 ちゃんと受け止めたいんです。

 ようやく、
  私もこの世界に馴染めた気がするから」



それでもその人は、私の間者疑惑が抜けないのか
何も答えない。



そっか……。


やっぱり、人は簡単に信用して貰えないよね。


私だって……やっぱり、
この場所にお世話になってても、
この人たちを信用しきれない。


だって長州の人たちが瑠花の大切な人を殺すなんて
考えられないし、思いたくない。


なんで……犯人が誰か憶えてないんだろう。


歴史の授業で、習ったはずなのに。



「加賀君の相手は私がしましょう。
  君は持ち場に戻ってください」



背後から、柔らかな声が聞こえて
姿を見せたのは、確か……山南さん。



花桜が、この世界で剣術の稽古をつけて貰ってた人。
隊士さんは、丁寧に一礼して持ち場へと戻っていく。



「加賀君でしたね……」

「はいっ」



少し寂しそうに私の名前を紡ぐその人。


その表情は穏やかな笑みに包まれて見えるけど、
何処か切なく見えて。



「あの……花桜が人を斬ったという場所を教えてください」


「山波君が人を斬った場所……。
 それを知って貴女はどうするのですか?」


「どうもしません。

 ただその場所を知って、花桜がこの世界で
 どうやって生きてきたのか、
 私は同じ時代からこの世界に渡った親友として
 知りたいと思った。

 お互いの知らない時間を……。

 そして、花桜が願ったことを今は受け継いで行きたい。

 瑠花のことも含めて。
 それでは答えになりませんか?」


思うままに、紡ぎだす言葉。


今の私には、ちゃんと地面が見えてる。


晋兄や義助たちのことは凄く気になるけど、
このまま瑠花を一人でここに置いていくなんて出来ない。


かといって、
この場所から瑠花を連れ出すことも不可能。


花桜の件もあるから今は、
この場所で花桜の帰りを待ち続けることが
私たちにとってのベストの選択。


そんな風に思えたから。



「どうぞ、私についてきてください」



ゆっくりと目を閉じて開いた後、
そう紡ぐと、山南さんは前川邸の方へと続く庭へと歩みをすすめる。


そこには……昨日の雨で、
血は洗い流されてしまっているながらも
打ち捨てられた剣が、置き去りにされていた。


花桜が握っていたであろう剣にゆっくりと手を伸ばす。
触れる間際、少しためらって山南さんの表情を見つめる。



「剣に触れていいですか?」


一応、確認した後、
同意を得て握った初めて触れる真剣は思っていた以上に重くて。


ゆっくりと持ち上げて、刀の刃をじっくりと見つめると、
雨が流し切れなかった人の血が小さな染みを作って刃の上で乾いていた。



「花桜は……?」


「山波君や岩倉君が狙われているのを視界の片隅に捉えて、
 総司と二人駆けつけたときには、
 山波君は岩倉君を守るために敵を突き刺した後でした。

 山波君の叫びは空間に轟き、その後、
 山波君は闇の中から走り去りました。

 山崎君に依頼して、私も共に山波君を追いかけましたが
 彼女は消えたんです。

 私たちの視界の先で。

 突然の鳴神の稲光と共に……。

 そして……、それ以来、今も見つかっていません。

 誰にでも、人を斬る初めてはあります。

 最初のうちは、抵抗があった肉を断ち切る感触も何時しか、
 心は凍りつき、慣れてしまうのですよ。

 一瞬の気の緩みは、自身の死に直結します。

 だからこそ、この世界に生きるならば山波君にも強く生きて欲しい。
 覚悟を持って、戦ってほしいと……そう思ったのですがね」


それだけ紡ぐと、山南さんはゆっくりと空を見上げた。


「山南さん。ここに居たんですか?

 芹沢さんの葬儀の打ち合わせをしたい。
 かっちゃんが呼んでるんだ。
 来てもらえるか?」

「参りましょう。土方君」


ゆっくりと視線を空から戻すと、
山南さんは、土方さんと共に邸の方へと歩いて行った。


花桜が昨日、握って瑠花を守った刀を握ったまま、
与えられている自室へと戻って部屋の中に置くと、
瑠花の部屋の方へゆっくりと向かっていく。


花桜……。



今、何処に居るの?



鳴神。

雷が鳴って、光と共に消えた。


山南さんはそう言ってた。


花桜は私たちの現代に戻ったの?




それとも……。




どちらにしても……残された私が、
この場所ですることは変わらない。




瑠花を守りながら、
ちゃんと……晋兄や義兄たちも助けたい。



大切な人を、この手で守るのが強さなら、
私も……その強さを掴み取りたいよ。



花桜が……その覚悟を胸に、
この世界に生き続けたのだから……。




逃げてちゃダメなんだ。


ちゃんと、現実(いま)と向き合わないと……。





第一幕
「運命の降り立つ場所」 完結

全21話

「約束の大空」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く