いつも俺に厳しい姉さんのおっぱいに触ったら何かデレ始めた。けど、エッチをしたいからもっとデレさせると決めた。

三葉空

28 楽園へ、俺だけのハーレム

 あれから、色々なことがあった。

 俺の彼女たちの親にあいさつをする際。

 やはり、一筋縄では行かなかった。

 途中で、殴られそうにもなった。

 それでも、あきらめずに根気よく通い詰めて。

 ようやく、俺は認めてもらった。

「達也くん」

 ザザ、と波音が立ち、潮風が鼻腔をくすぐる。

 パラソルの下、サマーベッドでくつろいでいた俺は、ふっと目を開ける。

「……ああ、春奈。その水着姿、とても可愛いよ」

「ほ、本当に?」

 照れる春奈が身に纏っているのは、愛らしい桃色の水着。

「達也く~ん、あたしは~?」

 少しおどけながらやって来た柚子さんは、爽やかな水色の水着。

「良いね~、柚子さん」

「本当に~? 嬉しい~!」

 そして、キャピキャピとはしゃぐ。

「んっ? おーい、ひびきも恥ずかしがってないで、早くおいでよ~!」

「お姉さーん!」

 柚子さんと春奈に呼ばれて、姉さんもやって来る。

「そ、そんなこと言われても……やっぱり、恥ずかしい」

 姉さんは体を縮こまらせて水着姿を隠そうとしているけど。

 その爆裂すぎるボディを隠すのは到底無理な話だった。

 俺は思わず起き上がり、目を見張る。

「姉さん、もっとよく見せて」

 俺が言うと、

「し、仕方ないな……」

 姉さんはそっと、腕を解く。

 纏っているのは、純白の水着。

 それと極上のエロボディの組み合わせが破壊力抜群だ。

「あー、ひびき。惜しいね~」

 柚子さんが言う。

「え、何がだ?」

「そこは、ウシさんの柄だったら、もっと興奮するのに~」

「そ、そんなの恥ずかしすぎて無理だ!」

「良いじゃん、ここは他に誰もいない、プライベートビーチな訳だし」

 そう、いま俺たちが居るのは、他の誰にも邪魔をされない場所。

「しかしまあ、驚いたよ。はるにゃんがお金持ちのお嬢様だったなんて」

「そ、そんなことは……」

「う~ん、相変わらず控えめだね~。おっぱいと同じで」

「ガーン!」

「こら、柚子。春奈ちゃん、気を落とすな」

 姉さんが春奈を慰める。

「はい、ありがとうございま……」

 ドカーン!

「……うええええぇん!」

「ちょっ、春奈ちゃん!?」

「ふーむ、正に最終兵器おっぱいだな」

「うるさい!」

 姉さんは赤面しながら叫ぶ。

「みんな、魅力的だよ」

 俺の声に、3人はハッとして振り向く。

「春奈は小柄で胸も控えめだけど、体のラインはとてもきれいだ」

「た、達也くん……」

「柚子さんは胸も良いけど腰つきが良いよね」

「た、達也きゅ~ん」

「姉さんはそのバカみたいにデカい胸が、本当にサイコー!」

「た、達也め……」

 3人の美少女の視線を一手に集めながら、俺はサマーベッドから降りた。

「けど、本当に俺なんかで良いの?」

「「「えっ?」」」

「俺は未熟者だし、こんな素敵な3人を独占しているなんて、申し訳なくも思ってしまうんだ」

 3人は黙って俺の言葉に耳を傾けてくれる。

「けど、それでも……」

 俺は口元で微笑む。

「3人とも、愛している……なんて、ムシの良い話かな?」

 そんな風に自嘲気味に言うと、3人が俺のほうに駆け寄って来る。

 そして、一斉に俺に抱き付いた。

 至極の柔らかみが次々と押し寄せて、俺は困惑する。

「ちょ、ちょっと、みんな」

「えへへ、いつもは達也くんに困らされてばかりだから」

「今回は、あたしたちが困惑させちゃうよ~?」

「覚悟しておけ、達也」

「な、何だよ、みんなして……超ヤル気じゃん?」

 俺は半笑いで言う。

「達也、それは夜のお楽しみだ。まずは、このビーチで思い切り遊ぼう」

「イエーイ! スイカ割りしようぜ~! ひびきのおっぱいで!

「こら、柚子! 冗談でも言って良いことと悪いことがあるんだぞ!」

「お、お姉さん、落ち着いて」

 そんな風にハシャいで、戯れる3人娘たちが可愛い。

「姉さん……いや、ひびき」

「へっ?」

 怒り顔だった姉さんは、呆けた顔で俺を見る。

「た、達也……」

「それから、柚子」

「きゅ、きゅきゅきゅ~ん!」

「そして、春奈」

「はい」

 俺は言う。

「お前たちは、俺の最高の嫁だ。そして、俺もこれから……みんなにとって、最高の男になれるよう、努力するから。これからも、どうか一緒に居てくれ」

 微笑んでそう結ぶと、彼女たちも嬉しそうに笑ってくれる。

「「「達也、だーいすき!」」」






『いつも俺に厳しい姉さんのおっぱいを触ったら何かデレ始めた。けど、エッチをしたいからもっとデレさせると決めた。』



 完







「いつも俺に厳しい姉さんのおっぱいに触ったら何かデレ始めた。けど、エッチをしたいからもっとデレさせると決めた。 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く