いつも俺に厳しい姉さんのおっぱいに触ったら何かデレ始めた。けど、エッチをしたいからもっとデレさせると決めた。

三葉空

25 ザ・クズ男に翻弄される乙女たち

 放課後、俺の家は賑やかだった。

「よーし、明日はみんなでデートをしようぜ~!」

 柚子さんが意気揚々として言う。

「みんなでか? ちょっと大所帯じゃないか?」

 姉さんが言う。

「良いじゃん。その方が、ハーレム王っぽくて、達也くんもアガるでしょ?」

 柚子さんが言う。

「まあ、そうだけど……でも、みんなではやめておこうか」

「えっ? じゃあ、明日もお家でひたすらエッチしまくるの? まあ、それでも良いんだけど……」

「いや、ちゃんとデートはするよ……この中の誰か一人と」

「「「えっ?」」」

 目を丸くする3人に対して、俺は指を差す。

「だ~れ~に~し~よ~う~か~な~」

「って、またそれで決めるのか?」

「だって、これ楽しいじゃん」

「お前だけがな、このクズ男め」

「あ、姉さん。そんなこと言うと、候補から外すよ?」

「い、嫌だ」

「じゃあ、おっぱい揉ませてよ」

「し、仕方ないな」

 モミッ。

「あッ♡」

「えっ、ちょっと反抗するとエッチなことしてもらえるシステムなの!?」

「柚子さん、ちょっと静かにして下さい」

「ひどッ! あたしの扱いがひどいよ~!」

 喚く柚子さんを無視して、俺は人差し指をリズムよく動かす。

「天の神様の言う通り~……っと」

 そして、最後に指が止まったのは……

「……じゃあ、春奈。明日は二人きりでデートしようか」

「えっ、ほ、本当に?」

「もちろんだよ。そもそも、俺の恋人は春奈な訳だからね」

「じゃ、じゃあ、私はお前の何だ?」

「そりゃあ、クソエロい姉でしょ?」

「クソエロいとか言うな!」

「ねえねえ、達也くん。あたしは~?」

「柚子さんは賑やかし役でしょ?」

「やっぱりひどい! その通りだけども!」

 文句を垂れまくる年上の二人を無視して、

「じゃあ、春奈。これから二人きりで明日のデートプランを考えるから、俺の部屋に行こうか」

「へっ? あ、はい……」

 俺は頬を赤らめる春奈を連れて二階へと向かう。

「「ふ、ふざけるな!」」

「何だよ、お姉さんズ。年上らしく、大人な余裕を見せてよ」

「そ、そんなこと言われたって……」

「あたしらはもう、達也くんの《ピーーーーーー!》に狂わされているんだもん」

「えっと……ごめんなさい」

 俺は満面の笑顔で言う。

「「ムカつく、このクズ野郎!」」

「あっはっは、じゃあ見限って他の男に行っても良いよ~?」

「「ぐっ……無理です」」

「あっはっはっは! 愉快、愉快」

「我が弟ながら、悪魔みたいな奴だ。地獄に落ちてしまえ」

「姉さん、言われなくても地獄に落ちるよ、俺は。みんなを道連れにしてね」

「鬼畜だな」

「あ、春奈はちゃんと天国に行かせてあげるから。って、下ネタじゃないよ?」

「た、達也くん……」

「「良いから、ヤルならさっさとヤッて来い」」

「分かったよ、クソエロお姉さんズ」

「「その呼び方はやめろ」」

 息ピッタリの親友お姉さんたちを置いて、俺は春奈と自室に向かった。



      ◇



 しばらくして、上の方から甘い声が聞こえて来た。

 ご丁寧に、ギシギシとベッドが軋む音まで響かせてくれて。

「おのれ、達也め……どこまで姉を侮辱すれば気が済むんだ」

 そう言いつつ、私は自分の胸をいじっていた。

「はぁ、はぁ……圧倒的みじめだ……はぁ、はぁ」

「ねえ、ひびき」

「な、何だ? いま、お前の相手をしている暇は無いぞ?」

「ていうか、普通に人が居る前で自家発電するなって……まあ、良いや」

 柚子は言う。

「あのさ、今度のデート、あの二人を尾行しようよ」

「んッ……び、尾行だと……はッ」

 私は自分の胸を揉みながら聞く。

「そう、尾行」

「け、けど、それはマナー違反というか……人としてどうなんだ?」

「何を言っているの、ひびきちゃん。あたしらはとっくに、まっとうな人の道を外れているんだよ。あのクズな弟くんのせいで」

「うぅ、前までは純粋な良い奴だったのに……」

「ていうか、ひびきにも原因があるよ。変に意地を張らず、大人しく達也くんを受け入れるか。もしくは、潔くあきらめれば、達也くんの人格もあそこまで歪まなくて済んだのに」

「そ、それは、悪いと思っているけど……と言うか、お前こそ達也の性格を歪ませただろうが!」

「あたしがちょっかいを出した時は、もう既に魔王たつやさまだったもの」

「ぐッ……確かに、奴は魔王だ。所詮、まだガキのくせに、ハーレムなど築きおって……んあッ!?」

 私は怒りのあまり、自分の胸を強く握ってしまい、ビクンとした。

「めっちゃアホじゃん」

「う、うるさい」

「やっぱり、乳のデカい女はみんなアホなんだね」

「お前もな」

 私と柚子は睨み合う。

「二人とも、何しているの?」

 その声にハッとすると、裸の達也が、裸の春奈ちゃんをお姫様だっこして降りて来た。

「はぁ、はぁ……」

「春奈、大丈夫か?」

「……う、うん」

「今すぐ、お風呂に入れてやるからな」

「も、もう、エッチなことはしないでね? これ以上されたら、私……」

「それは保証できないよ」

「もう、本当にエッチなんだから……」

 そんな二人の甘々なやり取りを見て、

「た、達也。私たちにもそれくらい優しくしろ!」

「そうだ、そうだ! はるにゃんばかりズルいぞ!」

「って、言われても……二人はクズだからさ」

 奴は飛び切りの笑顔で言う。

「「お前がな」」

「あー、やだやだ、スレた年上の女は。やっぱり、同級生の美少女とイチャラブするに限るぜ」

「た、達也くん……」

「春奈ちゃん、そいつに騙されるな。いずれ、君ももっとひどい目に遭うぞ!」

「あはは、姉さん。嫉妬はみっともないよ?」

 達也は尚も笑顔のままで言うから心底ムカつく。

 そして、そのまま浴室に向おうとするが、

「……ああ、そうだ。姉さんたち」

「何だ?」

「……いや、何でもないよ」

 達也は含みのある笑みを残して、浴室の扉の向こうに消えた。

「むきー! 何よ、達也きゅんのあの態度は! ぶっ殺してやりゅ~!」

「落ち着け、柚子」

 私は発狂する柚子を押さえつける。

 それにしても、達也の最後の意味深な笑みは……まさか、な。

「よーし、ひびき。今度のデート、ぶっ潰すつもりで尾行するよ!」

「おまっ、バカっ……声が大きいぞ!」

 ビシッ!

 私は柚子の脳天にチョップを食らわす。

「うわ~ん! 誰もあたしの味方がいないよ~!」

「ああ、もう泣くな!」

 それもこれも、みんな達也が悪い。







「いつも俺に厳しい姉さんのおっぱいに触ったら何かデレ始めた。けど、エッチをしたいからもっとデレさせると決めた。 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く