いつも俺に厳しい姉さんのおっぱいに触ったら何かデレ始めた。けど、エッチをしたいからもっとデレさせると決めた。

三葉空

24 学校でも遠慮なくハーレムを楽しむ男

「不公平だと思う」

「えっ?」

 昼休み。

 俺は屋上で弁当を食べていた。

 姉さんと、春奈と、柚子さんと。

 そして、柚子さんが言い出したのだ。

「不公平って?」

 俺が聞き返す。

「だって、ひびきは達也くんと二人きりで暮らしている訳でしょ?」

「そ、そうだが」

「じゃあ、達也くんとヤリまくりじゃん」

「いや、そんな……」

「確かに、今日も朝からヤリまくったよね~」

 俺が半笑いで言うと、

「バ、バカ者! そんなヘラヘラとして言うな!」

 姉さんに叱られる。

「……わ、わたしも、ちょっとズルいと思います」

「えっ、春奈ちゃん?」

 春奈はボブヘアをふわりとさせて、俺たちを見る。

「わ、わたしだって、もっと……達也くんとイチィチャしたいです」

「は、春奈……可愛いな」

「ほ、本当に?」

「ちょっと、こっちにおいで」

「う、うん」

 春奈は俺のそばに寄って来る。

「春奈って、華奢な体をしているよね。ちゃんと、ご飯は食べているか?」

「う、うん。食べているよ」

「でも、折れないか心配だよ」

 俺はススッ、と。

 春奈の華奢な肩のラインを撫でる。

「あっ……!」

 それだけで、春奈はビクッと震えた。

 俺はスリスリ、と優しく春奈の肩から腕にかけてのラインを撫でる。

「はんッ、やっ、あんっ……た、達也くん……」

 春奈の目がトロけて行く。

「た、達也くん! あたしにもして!」

 柚子さんが迫って来る。

「良いよ」

 ツン、と俺は柚子さんの豊かな胸を突いた。

「あんっ♡」

 ツンツン、と。

「ああぁ~ん♡」

「こ、こら、柚子! はしたないぞ!」

「え~、良いじゃ~ん」

「そうだよ。姉さんなんて、もっとすごい声を出すじゃん」

「なっ……う、うるさい!」

「へぇ~、やっぱり。あたしらが居ない所で、達也くんとよろしくヤリまくりなんだ」

「お姉さん、ズルいです」

 春奈がぷくっと頬を膨らませる。

「そ、それは……」

「じゃあ、姉さんは学校では見学タイムな」

「えっ」

「それが良いよ~……んっ、あっ♡」

「ふぁ……た、達也くん……ゾクゾクしちゃうよ」

「何だよ、二人とも。チョロすぎだろ」

「そ、そうでーす。あたしたち、達也くんのチョロすぎエロ奴隷でーす」

「わ、私は彼女ですもん!」

「ノンノン、君も一緒だよ」

「ひ、ひどいです~」

「こらこら、二人とも。ケンカしないで」

 きゅっ、きゅっ、と。

「「ふあああああああああああああぁん!」」

 二人は青空に向って叫び声を上げて、仰け反る。

 そして、震えていた。

「いやー、やっぱり青空の下でやるエッチって気持ち良いよね。本番じゃないけど。あ、今度みんなで外でやってみようか?」

「お、おい、達也。お前、調子に乗るなよ?」

「でも、姉さん。それは無理な話だよ。こんな美女に囲まれて何もしないなんて、逆に失礼な話だろ?」

「そ、それは……」

「ていうか、姉さん。欲しいなら、素直におねだりしろよ」

「へっ?」

「さっきから、その特大Jカップがうずうずしているんだろ?」

「そ、そんなことはない……」

「ウシチチ」

「それを言うな!」

「あ、それ、ひびきのあだ名の一つじゃん」

「さ、さすが、お姉さんです」

「うぅ~、みんなのバカ~!」

 姉さんは普段のキャラが崩壊して子供みたいに叫ぶ。

「分かったよ」

 きゅっ。

「あっ……」

 姉さんは一度固まって、

「……うああああああああああああああああぁん!」

 先ほどの二人と同じように、青空を見上げながら身を震わせた。

「ほい、一丁あがりっと」

「お、おのれ、達也め……」

「しかし、達也くんのエロテクは本当にすごいね~」

「た、確かに……」

「みんなのおかげだよ。優しいみんなが、いっぱい俺にエッチな練習をさせてくれたからさ」

「我が弟ながら、何てクズ発言……」

「じゃあ、姉さんだけ離脱する? 俺のハーレムから」

「……い、嫌だ」

「全く、いつまでも弟離れができない姉さんだ」

「お、お前こそ、いつまでも私から乳離れが出来ないくせに」

「あ、それちょっとカチンと来るなぁ」

 ぎゅっ。

「くああああああああああああああああああああぁん!」

「ふっ、姉さんを昇らせることくら、もう朝飯前なんだよ? 学校でそんな風に叫びまくったら、姉さんの痴態ちたいが知れ渡っちゃうよ?」

「そ、それだけはやめてくれ……私はもう、この学園で生きて行けなくなる」

「だったら、ちゃんとお口を塞がないとね」

「口を塞ぐって……んぐっ!?」

 俺は姉さんにキスをした。

 そのまま、豊満すぎる胸を強く揉む。

 姉さんの体が先ほど以上に激しく震えた。

 そして、ゆっくりと唇を離すと……

「……はー♡ はー♡ はー♡」

 姉さんは完全にトロけ切っていた。

「感想は?」

「……ひ、控えめに言って最高だ、バカ者」

「全く、口の減らない姉さんだ。可愛いけど」

「っていうか、結局ひびきばっかりじゃんか!」

「た、達也くん、私にもして!」

「あー、はいはい。じゃあ、順番に並んで」

「ほら、ひびき、邪魔だよ。おっぱいとか特に」

「バ、バカ者ぉ~……」

 いつもなら鋭くツッコむ所だけど、姉さんはまだ腑抜けてしまっている。

「じゃあ、はるにゃん。ジャンケンだ」

「良いですよ、柚子さん。負けません」

「ていうか、やっぱり面倒だから、二人同時にしようかな」

「「えっ?」

 そして……

「「はぁ~♡ はぁ~♡ はぁ~♡」」

 春奈と柚子さんも完全に堕ちてしまった。

「あーあ、俺って罪な男だな」

「……そ、そうだぞ、達也。お前はきっと、地獄に落ちる」

「じゃあ、その時はみんなも一緒だよ?」

 俺が笑って言うと、3人に美少女たちは息を切らしながら頷いてくれる。

 そのタイミングで、昼休みの終わりを告げるチャイムが鳴った。

「お、そろそろ教室に戻らないと……って、みんな、しっかりしなよ」

「「「だ、誰のせいだと思っているの?」」」

 ハーレムは楽しいけど、ちょっと面倒な側面もあったりする。







「いつも俺に厳しい姉さんのおっぱいに触ったら何かデレ始めた。けど、エッチをしたいからもっとデレさせると決めた。 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く