いつも俺に厳しい姉さんのおっぱいに触ったら何かデレ始めた。けど、エッチをしたいからもっとデレさせると決めた。

三葉空

16 まあまあ危険な対面

 ここ最近の自分の性に対する乱れがひどすぎて、ひどく自己嫌悪に陥ってしまう。

 恋人がいる弟と、毎日にようにエッチなことをして……

 いくら本番をしないからと言って、少しやり過ぎじゃないだろうか。

 その上で、私は寝る前と寝起きに、必ずと言っても良いほど一人で溜まった性欲を抜いている。

 それでも、次から次へと溢れ出すそれはキリが無い。

 私はいつから、こんなにふしだらな女になってしまったんだろうか。

「あっ」

 そんな物思いにふけりながら廊下を歩いていた所、出くわしてしまった。

「こんにちは。達也くんの……お姉さんですよね?」

 高崎春奈さんは遠慮がちに微笑んで言う。

「あ、ああ。は……高崎さんか。こんにちは」

 私は何とか笑顔を浮かべて見せる。

 ぎこちなくならないように。

「えっと、その……達也くんから聞いていますか?」

「うん、聞いているよ。弟がお世話になっているね」

「い、いえ、そんな……わたし、初めての恋人が達也くんで良かったと思います」

「そうか。そんな風に言ってもらえて、姉としても嬉しいよ」

 ああ、私は上っ面の笑顔で、何て白々しいことを。

 いっそ、この子はすごく悪い子なら良かったのに。

 そうすれば、私が陰で達也とエッチなことをしているのも、ざまぁと思えるのに……

 本当に純粋で良い子だから、湧き上がる罪悪感が半端じゃない。

「あの、お姉さん? どうしました?」

「はッ……いや、何でもないよ」

「でも、お姉さんて本当にきれいですね。スタイルも良くて……失礼ですけど、む、胸も……すごく大きいですよね」

「そ、そうだな」

「それに比べてわたしは大したことのない体だから……達也くん、ガッカリしていないかなって」

 俯く弟の彼女を見て、

「そんなことはないよ。あいつは、君のことを本当に可愛いと言っていたから」

「ほ、本当ですか?」

「ああ、本当だよ」

「う、嬉しい……」

 赤らんだ頬を押さえる彼女がとても可愛らしいと思いつつ、罪悪感に拍車がかかる。

「じゃあ、高崎さん。私はこれで……」

「あの、お姉さん」

「ん?」

「その、もしかしてなんですけど……」

 私は少しだけ、ドキリとしてしまう。

 まさか、私と達也の関係に勘付いて……

「……さ、さっき、私のこと……名前で呼んでくれようとしました?」

「へっ?……あ、ああ。家で達也と君のことを話す時は、あいつに合わせる形で、名前呼びで春奈ちゃんと呼んでいたから」

「そうなんですか。じゃあ、あの……どうか、名前で呼んで下さい」

「え、良いのか?」

「もちろんです。だって、大好きな彼氏のお姉さんですから」

「そ、そうか。分かったよ、春奈ちゃん」

 すると、彼女は小さく身をくねらせる。

「どうした?」

「いえ、その……お姉さんって、凛々しくて素敵だなって思って。何か、話しているだけでドキドキしちゃいます」

「おいおい、浮気心か? 達也が聞いたら悲しむぞ」

 って、どの口がこんなジョークを言っているんだか。

「ち、違います。その、達也くんに抱く恋心とは別に……純粋に、お姉さんを尊敬します」

 ああ、やめてくれ。

 そんなきれいな目で私のことを見つめないでくれ。

 君が思っているよりも、私はずっと汚れた女なのだから。

「あの、お姉さん。良ければ、連絡先を交換しませんか?」

「え? あ、うん。喜んで」

 ピロン♪

「えへへ、嬉しいな。あの、未熟なわたしですけど、これからどうぞよろしくお願いします」

 春奈ちゃんはペコリと頭を下げてくれる。

「あ、ああ。私の方こそよろしく」

「じゃあ、お姉さん、また」

 春奈ちゃんは小さく手を振りながら去って行く。

 私も手を振り返しながら、彼女が廊下の角に消えるまで見送った。

 直後、ガクリとうなだれる。

「……私のほうこそ、君を尊敬するし、羨ましいよ」

 心底から出た、本音のつぶやきだった。



      ◇



 俺は屋上に来ていた。

「あ、柚子さん」

「よっ、達也くん。悪いね、呼び出して」

「いえ。でも、こんな風に話すのは久しぶりですね」

「まあね~。おいで、おいで」

 手招きをする柚子さんの下に向かう。

「うーん、高校生になって、ますます良い男になったねぇ」

「ありがとうございます。柚子さんも、2年生になってますます可愛くなりましたね」

「あはは、お世辞は良いよ。正直、ひびきには劣るでしょ? 胸だってそんなに大きくないし」

「いやいや、姉さんがバカみたいにデカすぎるだけで。柚子さんだって大きいでしょ。それ、Fカップくらいありますよね?」

「さて、どうでしょう? ご想像にお任せします」

「あはは。それで話って何ですか?」

「ああ、そうそう。彼女がいるくせに、毎日ひびきとエッチなことをしている感想はどう?」

 言われて、俺はピシリと石化する。

「……えっ?」

「あたし、ぜんぶ知っているんだからね」

 柚子さんは怒ったような顔で言う。

「えっと、あの、その……ごめんなさい」

 俺は素直に頭を下げた。

 すると、ツンと怒り顔だった柚子さんが、ぷっと噴き出す。

「あはは。なーんだ、まだちゃんと純粋な達也くんじゃん」

「えっ、柚子さん?」

「いやいや、君のことは中学生の時から知っているけどさ。会ったばかりの頃は、純粋だったのに、高校に入ってからおイタをしているみたいで、堕落して変わっちゃうのが嫌だな~って思ったけど……良かったよ。まだちゃんと、可愛い達也くんだ」

「あはは……そうですかね?」

「でも、彼女が居るのにお姉ちゃんとエッチなことをするのは、やっぱり感心しないな~」

「で、ですよね……」

「でもまあ、ひびきの方から頼んだんでしょ?」

「そ、そうですね」

「そっか……」

 柚子さんはしばし、腕組みをして唸ってから、

「よし、あたしのおっぱい触ってみてよ」

「へっ?」

「君のご自慢のテクとやらを、味あわせてよ」

「いやいや、そんな。まずいですって」

「大丈夫だって。ほんのちょっとだけだから」

 柚子さんに笑顔で言われて、俺は……

「……じゃ、じゃあ、ちょっとだけ」

「もう、結局はあたしのおっぱいに興味があるんじゃない」

「だ、だって、柚子さんが言うから」

「ふふふ。じゃあ、どうぞ」

 柚子さんは胸を前の方に突き出す。

 俺はしばし、その胸をじっと見つめていた。



      ◇



 その目は年上のお姉さん相手にドギマギする純粋な少年のそれ。

「じゃ、じゃあ、触れます」

「はいよ」

 そして、彼はゆっくりと、あたしの胸に触れた。

「んっ」

 あたしはピクリと反応する。

 達也くんは片手で遠慮がちに表面だけ触っている。

「ねえ、もっと強くしても良いよ?」

「えっ? いや、強くなんて……」

 ふふふ、照れちゃって。

 可愛いんだから。

 姉と彼女を同時進行で落とす男だから、どんな悪タレになったかと思えば。

 良かった、やっぱり純粋な達也くんで。

「じゃあ、ちょっとだけ、本気を出しても良いですか?」

「えっ?」

 達也くんの手の力が少し強くなったと思った瞬間。

 あたしの体の中心を電流が駆け抜けるようだった。

「んあッ!?」

 つい声を漏らしてしまう。

 そんなあたしをよそに、達也くんはあたしの胸を片手で弄ぶように揉んでいる。

「た、達也くん?」

「……柚子さん。これ、FじゃなくてGカップだったね」

「へっ? な、何でバレて……あっ」

「やっぱり、十分に大きいよ。姉さんのJカップはバカデカすぎる例外だからさ」

 な、何か、エッチなことをし出してから、この子の雰囲気が変わって……

「ねえ、柚子さん。気持ち良い?」

「き、気持ち良くなんて……」

「じゃあ、もっと本気を出すね」

 モミモミっ。

「あっ!?」

 その時、あたしは自分の手では決して得ることの出来なかった快感に、身を打たれてうなだれた。

 かろうじて立ってはいるけど、体の痙攣が止まらない。

「……あっ! 柚子さん、ごめんなさい。やり過ぎた」

 達也くんは慌ててそう言う。

「はぁ、はぁ……達也くん」

「はい?」

「もしかして、ひびきか彼女ちゃんと最後までした?」

「いや、してないですけど……」

「そ、そっか……」

 あたしは目の前で困惑した様子の達也くんを見る。

「ていうか、俺ってマジで最低ですね。姉さんと春奈だけじゃなく、柚子さんにまでこんなこと……もう、これっきりにしますから、許して下さい!」

 達也くんは深く頭を下げてくれる。

「……大丈夫だよ、達也くん。誘ったのはあたしの方だし」

「柚子さん、ありがとうございます」

「けどさ、あたしのお願いを一つだけ聞いてくれる?」

「あ、はい。何ですか?」

「えっと、その……これからも時々で良いから、今みたいに……あたしを気持ちよくさせて?」

 自分でも、何を言っているんだろうと思った。

「えっ……?」

 案の定、達也くんも目を丸くしていた。







「いつも俺に厳しい姉さんのおっぱいに触ったら何かデレ始めた。けど、エッチをしたいからもっとデレさせると決めた。 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く