いつも俺に厳しい姉さんのおっぱいに触ったら何かデレ始めた。けど、エッチをしたいからもっとデレさせると決めた。

三葉空

6 姉弟の苦しみ

「姉さん、今日は余計なことを言ってくれたね」

「え、何がだ?」

「俺のことを姉さんが叩いたって……全く、余計なことを言ってくれたよ。もし、高崎さんに俺と姉さんの情事がバレたら、どうしてくれるんだよ」

「うっ、あっ……ちょっ、達也……そんなに強く揉むな……」

 姉さんは呻くように声を漏らす。

「これは罰だよ。勉強は出来るくせに、そういった方向には勘が鈍くておバカな姉さんへの、ね」

「だ、誰がおバカだ……んあぁ!」

「どう、俺の乳揉みは? 毎日、暇さえあればイメトレしているんだ。姉さんの乳を揉む、ね」

「バ、バカ者。そんなことをしている暇があったら勉強を……」

 むにゅっ。

「んあああぁん!」

「姉さん、いくら二人きりだからって、ちょっと声が大きいよ?」

「こ、この……変態め」

「そうだよ、俺は変態だ。姉さんだけにね」

「ああ、そうだな。高崎さんとやさには随分と紳士的だったじゃないか」

「あれ、もしかして嫉妬してくれてる? 嬉しいなぁ」

「なっ……バ、バカを言え!」

「じゃあ、そんな可愛い姉さんにはご褒美だよ」

「ご、ご褒美だと。何だそれは……むぐっ!?」

 俺は姉さんにキスをした。

 最初、姉さんはバタバタと抵抗していた。

 けど、次第にその力が弱まり、すっかり俺のことを受け入れる。

 俺は深くキスをしながら、姉さんの豊満な巨乳を揉みしだく。

 姉さんがビクビクと震える度に、何だか嬉しかった。

「可愛いよ、姉さん」

「バ、バカ……これ以上、姉をからかうな」

「でも、もっと聞きたいよ。姉さんの可愛い声」

「バ、バカぁ……」

「嫌なら拒絶して」

「そうしたら、やめてくれるのか?」

「ううん。やめない」

「この、バカ者ぉ~……」

 涙ぐんで言う姉さんがあまりにも可愛くて、僕の指先の動きにも更なるリズムが生まれる。

 もう、姉さんの胸だけじゃなく、全身を指先が駆け抜ける。

「ふあっ……ふあああああぁ!」

 姉さんが仰け反って高らかに声を上げた。

 そして、クタッと俺にもたれかかる。

「姉さん、大丈夫?」

「はぁ、はぁ……じ、自分でしておきながら、抜け抜けと言うな」

「ごめんね。でも、姉さんがあまりにも可愛いから、つい」

「バカ……」

 姉さんはまだ吐息を乱している。

「こんなに大きくて、重くない?」

 俺は下から姉さんの巨乳を持ち上げて言う。

「重いよ……ここには、お前への愛が詰まっているからな」

「えっ」

 俺が少し動揺すると、姉さんはニヤッと笑う。

「ふっ、粋がっても所詮は童貞くんだな」

「ね、姉さんこそ処女だろ?」

「ああ。そして将来、この処女はお前以外の男に捧げるんだ」

 姉さんは言う。

「……姉さん、ひどいよ」

「えっ?」

「俺、本気で姉さんのことが好きなのに。そんな意地悪を言うなんて」

「あ、ごめん。つい、お前にやられてばかりで悔しかったから……」

「姉さん、俺のことが好きなんだよね?」

「あ、ああ」

「だったら、処女ちょうだいよ」

「だから、それは……」

「お願い」

 俺は姉さんを押し倒す。

「こら、やめろ、達也……やめてくれ」

 姉さんが涙目になって言う。

「あ、ごめん……」

 俺はふっと力を抜く。

 それから、姉さんを優しく抱き起こした。

「達也……」

「俺、もう寝るね。おやすみ」

「あ、うん……おやすみ」

 俺は姉さんの顔も見ず、二階に上がった。



      ◇



 何だか、やるせない気持ちが胸の内にわだかまっている。

「はぁ……」

 いつもは、昼休みに陽太と一緒にバカ話をしながらメシを食うのだけど。

 今日は何だか一人になりたくて、適当にパンを頬張りながら、日陰のベンチでたそがれていた。

「……俺って、やっぱりおかしい奴なのかな?」

 義理とはいえ、自分の姉に欲情するなんて。

 最低の人間なのかもしれない。

「杉浦くん」

「え?」

 その声に振り向くと、

「あ、高崎さん」

「ごめんね、休んでいる所に声をかけちゃって」

「いや、良いよ。ただ、ボーっとしていただけだから」

「そっか。となり、座っても良い?」

「うん、良いよ」

 俺が頷くと、高崎さんはちょこんと座る。

「あの、昨日はありがとう。アンケート用紙を運ぶの手伝ってくれて」

「いや、お安い御用だよ。また何かあったら声をかけて」

「ありがとう。杉浦くんは優しいんだね」

「優しい……か」

「杉浦くん?」

 小首をかしげる高崎さんを見て、

「俺はそんな人間じゃないよ」

「えっ? どうして?」

「俺は……あっ」

「えっ?」

 気付けば、自然と涙がこぼれていた。

「うわ、マジか……ごめん、ちょっと目にゴミが入って……あはは」

 何て苦しい言い訳だろうか。

 俺って奴は、どこまでダサいんだ。

「杉浦くん……こっち向いて」

「え?」

 すっと、ハンカチが見えた。

 高崎さんはそっと優しく、俺の涙を拭ってくれる。

「私には、これくらいしか出来ないけど……」

「……いや、十分だよ。ありがとう」

 俺は微笑んで言う。

「ど、どういたしまして……」

 高崎さんは照れたように俯いた。



      ◇



 その光景を見て、胸が少しざわついていた。

 達也が……女子と仲良さげにしている。

 あれは昨日会った、達也のクラスメイトの……高崎さん。

 何か、涙を流す達也の目元まで拭ってやって……随分と親密そうに見えたけど。

 いや、それは喜ぶべきことだ。

 達也は私以外の女子と恋仲になって、真っ当に生きるべきなんだ。

 だから、私は姉として、達也の幸せを祝福してやるんだ。

 必死に、そう言い聞かせるけど……胸のざわつきは収まらない。

 私は胸に手を置く。

 自分で言うのもなんだが、大きい胸だ。

 けれども、それでも伝わって来るくらい、心臓がドクドク言っていた。

 達也が……自分以外の女子と……

「……クソ、私は何をしているんだ」

 陰に隠れて、自責の念に駆られていた。







「いつも俺に厳しい姉さんのおっぱいに触ったら何かデレ始めた。けど、エッチをしたいからもっとデレさせると決めた。 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く