いつも俺に厳しい姉さんのおっぱいに触ったら何かデレ始めた。けど、エッチをしたいからもっとデレさせると決めた。

三葉空

4 姉が可愛いからつい苛め過ぎちゃう

 家に親友が遊びに来ていて、目の前にいるのに……


「あはは、おもしれ~!」


 陽太の愉快な笑い声を尻目に、俺と姉さんは……


「……っ」


 必死に声を噛み殺す姉さん。


 俺はその乳をひたすらに揉んでいた。


「……感じちゃう?」


 俺が耳元で囁くと、姉さんはビクンとする。


「や、やめろ、達也……」


 涙目で俺を睨みながら、掠れた声で言う。


 バカな姉さんだ。


 そんな顔を見せられたら、ますます乗ってしまう。


「ごめん、姉さん……俺って、実はドSみたいだ」


「えっ?」


 ぎゅっ、とつまんだ。


 どことは言わないけど。


 瞬間、


「…………んぁ!」


「えっ? どした?」


 陽太が振り向く。


「あれ、ひびきさんは?」


「……こ、ここに居るよ」


 一度、しゃがんでいた姉さんが立ち上がる。


「ああ、そうですか。あれ、何か顔が赤いですけど、大丈夫ですか?」


「き、気にしないでくれ」


「具合が悪いなら、俺は帰りますけど……」


「いや、大丈夫だよ。陽太はゆっくりと、くつろいでいてくれ」


 俺は言う。


「ほれ、お通しだ」


「居酒屋かよ。入ったことねえけど。なあ、お前らも一緒にくつろごうぜ。俺、お姉さんともっと話したいんだけど」


「焦るなって。何なら、夕飯もごちそうしてやるよ」


「マジで? お姉さんの手料理?」


「残念ながら、姉さんは料理が苦手だから。俺が作るよ」


「へぇ~、完璧なお姉さんにも、弱点はあるんですね~」


「ま、まあな」


 俺はキッチンに立つ姉さんの下に戻った。


「お、おい、どういうことだ。これ以上、彼をここには……」


「姉さん」


「な、何だ?」


「……興奮するだろ?」


 自分で言って、自分でゾクゾクしていれば、世話ない。


 姉さんもまた、背筋がゾクゾクしているようだった。


「もしかして、俺の言葉攻めだけで……エロい姉さんだな」


「う、うるさい」


「しっ、あまり大きな声を出さないで。陽太に聞かれる」


「バ、バカ……」


「で、どうだった? さっき、俺につねられた感想は?」


「……一瞬だけ、宇宙が見えた」


「何だよ、それ。意味の分からない姉さんだな」


「そろそろ殴っても良いか?」


「そのおっぱいで?」


「この変態……」


「ひどいな、可愛い弟に対してそんなことを言うなんて……」


「お前なんて可愛いもんか。姉に対してこんなひどい仕打ちをするんだから」


「確かに、俺は可愛くないね。男同士で風呂に入った時も、デカいとか言われたし」


「お、お前は何の話をしているんだ……」


 姉さんはまた赤面しながら、俺を睨む。


「おーい、達也ぁ、お姉さーん。そろそろ来てくれよ~」


「分かった、いま行くよ」


 俺は最後に、また姉さんをつねった。


「ハッ……!」


 姉さんはその場でガクリとうなだれ、キッチン台にもたれかかる。


「大丈夫、姉さん?」


 俺は姉さんを抱き締めながら言う。


「……後で覚えておけよ」


「おー、怖いねぇ」


 俺は笑顔で軽く姉さんをかわし、陽太の下に向かう。


「何だよ、仲良し姉弟かよ」


「まあね。両親が留守にしているから、二人で協力して行かないと。そうだよね、姉さん?」


「あ、ああ。そうだな」


 姉さんはぎこちなく笑いながら言う。


「けど、本当に羨ましいよな~。こんな美人で巨乳なお姉さんと一つ屋根の下なんてさ~」


「あはは。けど、陽太が想像しているようなことは何もないよ。俺たちはあくまでも、姉弟なんだから……そうだよね、姉さん?」


 俺が言うと、ぎろりと睨まれる。


 怒った顔も可愛いなぁ。


「そういうもんかぁ。まあ、俺も妹の裸なんて見ても、何とも思わないしな」


「へぇ、陽太って妹がいるんだ? 似ているの?」


「いや、あまり似てないな」


「それは良かったね」


「何でだよ。ナイスガイな俺に似たらハッピーだろうが」


「じゃあ、妹さんとは仲が良いの?」


「いや、最近あまり話してくれないな。思春期のせいだな」


「へぇ」


「どうでも良さそうだな~。ていうか、そんなことよりも……お姉さん、もっとお話しましょう?」


「あ、ああ」


 姉さんは頬を赤らめたまま、俺と陽太の間に座った。


「うほっ、間近で見るとすげー乳」


「おい、陽太。そんなこと言うと、姉さんに嫌われるぞ」


「うわー、ごめんなさい!」


「全く、男子という生き物は……けしからんな。滅べば良いのに」


「ガーン!」


「こらこら、姉さん。その発言はいただけないなぁ」


「だって、事実だろ? こんなエロい生き物は滅べば良い」


 姉さんはじっと僕を睨んだまま言う。


「本当に良いの?」


「えっ?」


 俺は姉さんの耳元で囁く。


「だって、姉さんは絶対にエロい女だから。エロい男なしじゃ生きられないよ……俺みたいな、ね?」


 姉さんの体がまたゾクリと震えるようだった。


「はぁ、はぁ……」


「あれ、お姉さん。また顔が赤いですね。大丈夫ですか?」


「あ、ああ、すまん……平気だ」


 頬を上気させて言う姉さんの顔がエロかったのか……


「……あっ、ヤベ」


 陽太は急に背中を向けて、何やら股間のあたりを押さえる。


「どうした、陽太?」


「いや、すまん、達也……俺、今日は帰るよ」


「え? 晩メシは良いのか?」


「あ、ああ。もう十分、きれいなお姉さんは堪能したからな」


「そっか。じゃあ、気を付けて帰れよ」


「お、おう。じゃな!」


 陽太はカバンを持ってピューッと去って行った。


 バタン、とリビングのドアが閉まる。


「……あいつさ、家に帰って速攻でシコるつもりだよ」


 俺は言う。


「姉さんをオカズに」


「なっ……クソ、お前のせいだぞ。何で私がこんな恥辱を受けて……」


 トン、と姉さんの胸を押す。


「……あっ」


 床に押し倒された姉さんは、ハッと目を丸くする。


「じゃあ、ここからが本番ね」


「お、おい、待て。本番はナシだと言っただろ?」


「ああ、ごめん。そう言う意味じゃなくてさ。ほら、さっきまでの陽太がいる中でこっそりするシチュも興奮したけど……やっぱり、もっと思い切りしたいからさ」


「な、何をするつもりだ……」


「とりあえず……姉さんの鳴き声が聞きたい、もっとね」


「こ、この……変態」


「俺のこと、嫌いかな?」


 少しだけ微笑を湛えて俺は言う。


「……嫌いになれないから困る」


「そっか。ありがとう、姉さん」


 先ほどは手加減して片方だけだったけど。


 今度は両方を同時につねった。


 その時、姉さんが発した声は、ご近所さんにも聞こえたかもしれない。


「最高だよ、姉さん」


「はッ……あッ……バ、バカ達也……」


「俺、もっと姉さんに喜んでもらうために、頑張って勉強するね」


「が、学校の勉強をしろ……」


「姉さんが最高の教材すぎるから」


「どこまでも最低の奴なんだ」


「じゃあ、出て行こうか?」


「えっ?」


「姉さんが望むなら」


 俺はじっと姉さんを見つめて言う。


「……嫌だ」


 姉さんはきゅっと俺の袖を掴む。


「お前はどうしようもなくバカでエッチな弟だけど……私のそばに居ろ」


「どうして?」


「それは……私がお前のことを大好きだからだ」


「姉さん……ありがとう。俺も大好きだよ」


「達也……」


 お互いの目元に引き寄せられて。


 俺と姉さんはキスをした。


「……あっ、レモンガムを買うの忘れていた」


「……バカ者」


「……まあ、良いよね」


「……んっ」


 夕日を浴びながら、俺と姉さんはより深く、繋がって行った。








「いつも俺に厳しい姉さんのおっぱいに触ったら何かデレ始めた。けど、エッチをしたいからもっとデレさせると決めた。 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く