いつも俺に厳しい姉さんのおっぱいに触ったら何かデレ始めた。けど、エッチをしたいからもっとデレさせると決めた。

三葉空

2 朝ごはんを食べて、軽くイチャつく

 お互いの想いを打ち明けた翌日の朝。


「お、おはよう、ひびき姉さん」


「お、おはよう、達也」


「朝食の用意、してあるよ」


「そ、そうか。すまんな」


 俺と姉さんは向かい合って食卓に着くが、お互いに気恥ずかしくて、顔を俯けたまま朝ごはんを食べる。


「……姉さん、昨日はごめんね」


「え?」


「俺、ちょっと調子に乗っていたし、どうかしていたと思う。姉さんに対してあんな風に迫って……最低だし、訴えられてもおかしくないよね」


「いや、そんなことは……」


「やっぱり、エッチなことをするのはやめようか。姉さんはああ言ってくれたけど、俺たちは姉弟な訳だし」


「た、達也……もしかして、もう私のおっぱいに飽きたのか?」


「それはないよ。だって、姉さんのおっぱいは最高だし」


「そ、そうか……」


「ちなみに、何カップあるの?」


「い、言えるか」


「お願い、教えて、姉さん」


 俺はつぶらな瞳で姉さんを見つめた(※あくまでも個人的主観で)。


「うっ、か、可愛い……」


 姉さんはそう言って、


「……あ、Iカップだ」


「……マジで? デカ」


「う、うるさいぞ」


 そして、一気に顔を赤く染める。


「ありがとう、姉さん。その情報を得ただけでも、オカズになるし。姉さんのおっぱいを妄想しながら、エア揉み揉みが出来るよ」


 俺は笑顔で言う。


「そ、そんなことをするくらいなら……直接、揉め」


「へっ?」


「だから、私のおっぱいを揉めって言っているだろうが」


 姉さんは赤面しながら、少し怒った風に言う。


「良いの? 姉さんのおっぱいを揉んでも」


「ああ、良いよ。その代わり、朝ごはんが終わったらな」


「うん、そうだね」


 俺が笑顔で頷くと、姉さんは恥ずかしそうにお椀で顔を隠しながら、ごはんをかきこんでいた。




      ◇




 俺たち姉弟はそろって早起きなので、学校がある日の朝でも余裕がある。


 だから……


「制服姿の姉さんの乳を揉む……これが愉悦か」


「何を言っているんだ、お前は」


 ソファーに腰を下ろしていた姉さんは頬を赤らめつつ、呆れたように俺を見上げる。


「じゃあ、後ろから揉んでも良い?」


「い、良いぞ」


 姉さんはドキドキしながら、俺の手を待ってくれているようだ。


 俺もまたドキドキしながら、姉さんの大きな胸に触れる。


「あっ……」


 姉さんの口の端から、柔らかな吐息が漏れた。


「始めはゆっくり、揉みほぐすね」


「う、うん」


「痛かったら言ってね」


 大きいけど、繊細。


 姉さんの胸はそんな可愛らしさも兼ね備えている。


 重さがありつつも、柔らかい。


 下から持ち上げて、ぽよぽよと動かすのが楽しい。


「はっ、あっ……」


「良かった、最初に俺がこのおっぱいをモノに出来て。こんな素晴らしいおっぱい、他の男にはあげたくないよ」


「そ、そこまでか?」


「出来ることなら、姉さんの初めても欲しいけど……」


「そ、それはダメだ」


「だよね……じゃあ、姉さんが将来、結婚するまでは純潔で居てくれる?」


「……良いよ」


「その間に、俺が姉さんのことを落とすから」


「は、はぁ? お前は何を言って……んぁ!」


「声が大きいよ、姉さん。二人暮らしとはいえ、ご近所さん聞かれちゃうから」


「あ、ああ、そうだな。すまん」


 そんな風に謝ってくれる姉さんが可愛い。


「ちょっとだけ、耳を噛んでも良い?」


「い、良いぞ。優しくな」


「うん」


 俺はそっと、姉さんの耳を甘噛みする。


「はっ、あっ……こ、こんなことされるの……初めて」


「そうなんだ。姉さんって美人で巨乳でモテるだろうに、彼氏とか作らないよね?」


「あ、当たり前だろ? だって、私は……お前のことが好きなんだから」


 ドキリ、と胸が高鳴る。


「じゃあ、もういっそのこと、エッチもしてよ」


「そ、それはダメだ……」


「どうしても?」


「どうしてもだ」


「そっか……ごめんね、しつこく迫って」


「いや、良いよ。お前の気持ちは嬉しいから……むしろ、ごめんな」


 姉さんは言う。


「私とお前が、普通に他人だったら良かったのにな。そうしたら、今頃お前と……」


「けど、姉さん。そうしたら、俺たちは出会えなかったよ。俺は姉弟になったからこそ、姉さんと出会えたんだ。だから、それがとても嬉しい」


「た、達也……泣かせるな」


「もっと、泣かせても良い?」


 俺は少しだけ、姉さんの胸を揉む力を強めた。


「……バカ」


 姉さんの吐息が徐々に荒くなって行く。


「んあっ、はっ……た、達也……昨日も思ったけど、お前なんか上手くないか? 本当に童貞なのか?」


「童貞だよ。いつも大好きな姉さんのことばかり考えている、童貞くんだ」


「やだ、もう……」


「ずっと、イメトレして来たんだ。いつか、姉さんとこういうことがしたいなって……」


「こ、こら。そんなことより、ちゃんと勉強をしろ」


「だからね、こっちの偏差値は姉さんよりも高いよ」


 俺はしれっと、最後のトドメを刺す。


「あっ、かっ……」


 姉さんが軽くビクリと震えた。


「……はぁ、はぁ」


 俺はそんな姉さんを優しく抱き締める。


「大丈夫、姉さん?」


「……すまん、ちょっと無理だ」


「ちょっと休もうか」


 俺はキッチンに行って水を持って来る。


「ほら、飲んで」


「あ、ありがとう」


 姉さんはコクリと水を飲んだ。


「ふぅ……達也はすごいんだな。このテクがあれば、他の女子もイチコロだろ」


「そうかもしれないね。けど、興味がないんだ。姉さん以外に」


「た、達也……」


 姉さんはコップを持ったまま、足を小さくバタバタさせている。


 そんな姉さんが可愛すぎて……


「……えっ?」


 キスをした。


 ほんのちょっとだけ、舌を入れて。


 けど、軽くあいさつ代わりの、キスをした。


「……ごめん、姉さん。キスしちゃったよ」


「……バ、バカ……何の準備もしていなかったぞ。レモンのガムを噛ませろ」


「ぷはっ、姉さん、可愛過ぎる」


「わ、笑うな」


「じゃあ、今度買っておくよ、レモンのガム。ゴムの代わりに、俺はひたすらにそれを買うよ」


「ごめんな、本番をさせてあげられなくて」


「良いよ。その代わり、それ以外のことは何でもさせてくれるよね」


「うっ……ちゃんと健全な範囲に収めろよ?」


「もちろん。俺は姉さんを悲しませるような真似は絶対にしないよ」


「そうか……達也は優しいな。そう言う所が、大好きなんだ」


 姉さんは微笑んで言う。


「ていうか、姉さん。ちょっとデレすぎじゃない?」


「ダ、ダメか? やっと、自分の気持ちに素直になれたんだ」


「いや、嬉しいよ。ただ、糖分過多で死にそうだから。ちょっとくらい、手加減してよね」


「じゃあ、またちょっと厳しくした方が良いか?」


「うん、そういう姉さんもまた、興奮するから」


「この変態め……」


 そう言いつつ、姉さんの口元は綻んでいた。








「いつも俺に厳しい姉さんのおっぱいに触ったら何かデレ始めた。けど、エッチをしたいからもっとデレさせると決めた。 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く