話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪徳令嬢に転生したのに、まさかの求婚!?~手のひら返しの求婚はお断りします!~

狭山ひびき

背水の陣の計画 2

 コルネール地方についたフリーデリックは、公爵家のカントリーハウスにほど近い町で宿を探すことにした。

 泊るところくらい用意していてくれてもいいだろうと嘆息するが、あくまでも隠密に見張っていろとのことなので、そのあたりも目立たないようにこっそりしろと言うことなのだろう。

 できれば食事付きで、どこかいいところはないものかと町を歩き回っていたとき、フリーデリックはぎくりと体を強張らせた。

(あれは……、アリシア・フォンターニア?)

 豊かな金髪は簡素にまとめられ、頭巾をかぶっている。綿のワンピースはとても公爵令嬢が着るものとは思えず、まさかと目を疑うが、ちらりと見えた美貌の横顔は、間違いなくアリシアのものだった。

 なぜ公爵令嬢が村娘のような格好をして町を歩いているのだろうか。

 手に持った籠には、パンらしきものが入っていた気がした。

(……まさか、買い物?)

 公爵令嬢自ら買い出しなんて、そんなまさか――、そう思いながらも、フリーデリックは息を殺してアリシアのあとを追いかける。

 気づかれないように距離を取りながら観察すれば、やはり彼女はアリシアだった。

 籠にはやはりパンが入っていて、フリーデリックは戸惑ってしまう。

 邸には、料理人がいるはずだ。使用人もいるだろう。パンなんて買う必要はどこにもないし、公爵令嬢たるアリシアが買い出しなんて、ありえない。

 どうなっているのだと尾行を続けていると、アリシアがふと足を止めた。

(あれは――、子供?)

 アリシアの目の前で、七、八歳くらいの男の子が転倒した。

 親はどこにいるのか、うわーんと大声で泣きはじめた子供に、アリシアが慌てたように駆け寄る。

 見れば膝小僧をすりむいていて、アリシアは男の子の膝に持っていたハンカチを巻き付けると、一生懸命彼を励ましていた。

 大丈夫、帰ってお母さんに消毒をしてもらって――、男の子の頭を撫でながら、何度も熱心に語り掛ける彼女の横顔に、フリーデリックは言葉を失う。

(あれは――、本当にアリシア・フォンターニアか?)

 優しい顔をしている。優しい目をしている。

 一生懸命に男の子を慰めようとするその姿は、まるで――、まるで、おとぎ話に出てくる聖女のようではないか。

 そんな馬鹿な、あり得ない――、フリーデリックは何度も首を振るが、目の前の光景が消えてなくなることはない。

 優しく微笑んで、男の子を慰めるためか、籠から飴を一粒取り出したアリシアが、細い指先で彼の口の中に飴を放り入れた。

 びっくりして目を丸くした男の子が、次の瞬間、痛みを忘れて笑顔になる。

 美味しい? そう語り掛けるアリシアはホッとした笑みを浮かべていて――、フリーデリックは愕然とした。

 悪徳令嬢だと、誰かが言った。

 王女を呪う魔女だと。性根が腐っているのだと。

(悪徳……? どこが……)

 悪徳どころか――、フリーデリックの見つめる少女は、徳の高い聖女のようなのに?

(どうして笑える? どうして、優しくできる?)

 本当に、あれはアリシアだろうか。アリシアの顔をした、まったくの別人ではないのだろうか。

 人にあれだけ蔑まれて――、どうして聖女のように笑っていられるのだろうか。

 茫然とするフリーデリックの目に、悲鳴を上げて男の子に駆け寄る母親の姿が見える。

 その母親は、アリシアの顔を見るや否や表情を凍り付かせて、男の子の手を強引に引っ張ると「こんな人に近づいたらいけません!」と怒鳴りつけた。

 母親は、突然怒られてびっくりして泣き出す男の子を無理やり引きずりながら、「この子に何かあったら、承知しないよ! この悪徳令嬢!」とアリシアに罵詈雑言を浴びせかけて去っていく。

 そんな女に、アリシアは何も言わず、ただ淋しそうな表情を浮かべて、ただじっと男の子が去っていくのを見つめていた。

 美しい紫色の瞳が今にも泣きだしそうに潤んでいるのを見た瞬間――、フリーデリックの心臓は、締め付けられたように苦しくなった。

(……本当に、彼女はアリシアなのか……?)

 噂されている悪徳令嬢、その人なのか。

 顔は知っている。何度も捕えた。

 抵抗しない彼女の手首をつかんで無理やり馬車に押し込めた。

 そのたびに彼女は目を伏せるだけで――、フリーデリックは、彼女の表情を見つめたことはなかった。

 見つめようとも思わなかった。

 噂を聞き、王の話を鵜呑みにして、勝手に想像して作り上げたアリシアの姿が、ガラガラと音を立てて壊れていく。

 アリシアは服の袖で涙をぬぐうと、人の冷たい視線から逃れるように駆け出した。

 町の外に向かって走っていくアリシアの背中を見つめながら、フリーデリックはもう一度自問する。

(彼女は、本当に悪人なのか……?)

 当然ながら、答えは誰も、返してくれなかった。

「悪徳令嬢に転生したのに、まさかの求婚!?~手のひら返しの求婚はお断りします!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く