話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

王子にゴミのように捨てられて失意のあまり命を絶とうとしたら、月の神様に助けられて溺愛されました

狭山ひびき

カモミールの妖精姫来襲! 1

 月の宮殿から少し離れたところにある湖のそば。

 夜には銀色の月が湖に映り、湖の周りに咲く真っ白いカモミールの花が風に揺れる。

 ここは、カモミールの妖精たちが住む土地である。とくにカモミールから生まれたというわけではないのだが、この地に長く暮らしているため、自然とそう呼ばれるようになった。

「はああああ」

 満月が綺麗な夜のことだった。

 湖のほとりに座った、真っ白くふわふわと波打つ髪の愛らしいカモミールの妖精は、物憂げなため息をついていた。

 ぱっちりと大きな目に、ふっくらとした頬。チューリップのような形をしたドレスを着て、湖の方に投げ出した足をぷらぷらと揺らしている。

 彼女はカモミールの妖精たちの中でも、「姫様」と呼ばれている妖精だった。

 カモミールの妖精たちを束ねる長である妖精の娘だから、自然とそう呼ばれるようになったのである。

「ひめさまー、どうしたのー?」

「なにかなやみごとー?」

「はい、これあげるー」

 カモミールの姫の周りを、カモミールの妖精たちが取り囲み、手に持った花を次々と手渡していく。彼らはこれで、顔を曇らせている姫を慰めているつもりだ。

 カモミールの姫は、受け取った花の中から、一輪のカモミールを取ると、その花びらを一枚一枚ちぎりはじめた。

「すき、きらい、すき、きらい、すき……」

 一枚一枚ちぎりながら、「すき」と「きらい」を交互につぶやく。

 そして、最後の一枚を「きらい」で終えると、突然わっと泣き出した。

「たいへんー!」

「ひめさま、だいじょうぶー?」

「なんでないてるのー?」

「よしよししてあげる」

「なかないでー」

「かなしいのー?」

「そうだ! ひめさま、さーしゃさまのところに行ったらきっとうれしくるよ!」

「そうだね、さーしゃさまのおくがたさまのおかしはおいしいんだって!」

「ともだちがいってたね! とってもやさしいあじなんだって」

「ひめさま、さーしゃさまのおくがたさまのところに行こうよ!」

「そしておかしをたべるの!」

「きっとなみだもひっこんじゃうよ!」

「ほっぺがおちそうなんだって」

 行こう行こうと手を引っ張られて、カモミールの姫は顔をあげた。その大きな目は見開かれていて、涙は嘘のように引っ込んだ。

「……お兄様の、奥方様?」

 驚きに満ちた声で、そうつぶやく。

「そう、さーしゃさまのおくがたさま」

「さーしゃさまがつれてきたんだって」

「らぶらぶーなんだって」

「らぶらぶー」

「らーぶらぶー」

「きゃーっ」

 きゃいきゃいと騒ぐ妖精たちの言葉など耳に入らない様子で、カモミールの姫はふらりと立ち上がった。

「お兄様に……、お嫁さん?」

 その頬が、ぷうっと風船のように膨れ上がる。

 そして――

 ぶわっと突風が吹いたと思ったら。

「あれ? ひめさま?」

 カモミールの姫は、忽然と姿を消していた。

「王子にゴミのように捨てられて失意のあまり命を絶とうとしたら、月の神様に助けられて溺愛されました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く