話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

王子にゴミのように捨てられて失意のあまり命を絶とうとしたら、月の神様に助けられて溺愛されました

狭山ひびき

妖精の不思議な鏡 2

 サーシャロッドの月の宮殿に来て、一か月がすぎた。

 サーシャロッドにベッドの上でぷにぷにと全身を触られているエレノアは真っ赤な顔をしてぎゅっと目を閉じている。

 一か月たっても、サーシャロッドの「肉付きチェック」には慣れない。

 この一か月の間、一生懸命たくさん食べるようにしたから、がりがりだった体には少し肉がついてきたように思うけれど、サーシャロッドに言わせればまだまだたしい。

 ただ、二の腕と腹の触り心地が前よりもふわふわしているらしく、彼はちょっぴり満足そうだ。

「ここはまだ全然肉がつかないな」

 そう言いながら夜着の脇の隙間から手を滑り込ませて胸を触ってくるから、エレノアはぴくんと肩を揺らして硬直する。

 ほとんど平らに近い胸をふにふにと揉まれると、恥ずかしいし、背筋がぞくぞくする。

 最初は必死に体に力を入れるのだが、ぞくぞくとせり上がるような妙な感じがして、だんだんと体が弛緩していく。

 くたりとサーシャロッドに寄りかかれば、彼はエレノアの方に顎を乗せて、脇をくすぐるように撫でた。

「ふわあっ」

 突然くすぐられて、エレノアが声をあげると、サーシャロッドが楽しそうに笑う。

 そして、夜着から差し入れていた手を抜くと、エレノアを横抱きに抱えなおして、その唇にちゅっと口づけを落とした。

 メロンの蔦に閉じ込められた時にはじめてキスを交わしたあと、サーシャロッドはこうして毎晩キスしてくるようになった。

 これも恥ずかしいけれど、優しく唇が触れ合うとなんだか気持ちよくて、エレノアは真っ赤になりながらも素直に受け入れる。

 キスをしながらゆっくりと体が倒されて、髪を梳くように撫でられると、瞼がだんだんと重たくなっていくのだが――

「えれのあ―――!」

 目を閉じかけたエレノアは、突然聞こえてきた声にびっくりして目を開けた。

 普段、夜には決して寝室に入ってこない妖精たちが、突然わらわらと押しかけて来た。

 エレノアはサーシャロッドとキスをしていたところを見られて真っ赤になったが、妖精たちはそんなことはお構いなしだ。

「お前たち、夜は来るなと……」

 サーシャロッドもあきれ顔だが、妖精たちは「ごめんなさーい!」と言いながらエレノアを取り囲む。

「えれのあ、かみのけちょうだい」

「いっぽんでいいからー!」

「おねがいー」

「どうしても、えれのあのかみのけがいるのー」

「か、髪の毛……?」

 エレノアの髪の毛がどうして必要なのだろう?

 不思議に思ったが、ちょうだいちょうだいと言われて、エレノアはそっと自分の髪の毛を一本抜き取る。

「こ、これでいいの……?」

 髪の毛を渡すと、妖精たちは「ありがとうー!」「おじゃましましたー」と叫びながら部屋を出て行った。

「相変わらず、突拍子もない奴らだな」

 残されたエレノアはしばらくきょとんとしていたが、サーシャロッドに頭を撫でられると、やがて再び襲ってきた睡魔に、ゆっくりと瞼を閉じた。

「王子にゴミのように捨てられて失意のあまり命を絶とうとしたら、月の神様に助けられて溺愛されました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く