俺と俺の姉には秘密がある

東郷 アリス

プロローグ



時期は桜が咲き、散り始めている四月の初め。
 

俺は今、玄関を出て家の前である人を待っている。


その人物とは……


「ひーくん!おまたせ!」


そう、俺の姉ソーラだった。
ここではソーラと言わせていただこう。


ソーラは勢いよく玄関から出てきたと思ったら、俺の腕に抱きついてくる。


ここまでのものはいないだろうと思われる大きな胸を押し付けて。


胸の感触はいいけど、ちょっと辞めてくれませんかね?
通りすがりの人たちの目がとても怖いんですけど!


そんなことソーラにとってはどうでもいいことであったため、ソーラ本人は気にしていない。
というか、逆に見せびらかしている。
この人は私のものだとアピールしているかのように。


「えへへっ」


ソーラは本当に上機嫌だ。


こんなに上機嫌になったのは、何日か前のあの出来事があってからーー






       


「俺と俺の姉には秘密がある」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く