話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界救う元漁師

琴瀬 ういは

落ちこぼれな人生

空の色は青く、雲ひとつない晴天。

青年の目は黒く、心は暗雲いつも漂う。
「どこ見てんだよっ!この野郎っ!」
「ぐふぅ!」
いつもの様に俺は数人の男たちに囲まれて殴られ、蹴られている。
「出来損ないが出しゃばるからこうなるんだよ!」
「調子乗ってんじゃねぇぞ!」
「ぐはぁ!あぐぅ!」

(早く…終わんねぇかな…くっそ…めっちゃ痛てぇ)

「今日はこの辺にしといてやるよ。また明日よろしくなっ!」
「あがっ!」
男達はそう言って青年の顔面を思いっきり殴った。笑いながら去って行く光景を見て青年は…笑っていた。

甲板の上で漁師の俺は気絶した。

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く