話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

水魔法しか使えませんっ!〜自称ポンコツ魔法使いの、絶対に注目されない生活〜

地蔵さん

一縷の希望 後編

「どう見てもボス部屋だよな、、、お邪魔しまーす。」


自分でも予想外の出来事に、しばらく侵入者を見たまま固まってしまった。


金髪碧眼の少年だ、肌の色からして恐らくは人間。
なんだかんだいって初めて本以外で人間を見た。


混乱しながらも何者かを問いかけてみる。


「グッ、グガガ、、、」


あまりにも喋ることがなかったせいで、口がが上手く動かせない。


「ボスレベルなら知性を持っているかと思ったんだけどな、、、」


その時には、私の体はほぼ自動的に動いていた。
恐らくは魔剣の自動攻撃なんだろうと思う。
何にせよ、侵入者を生きて返すわけにはいかない。


「ゴロスッ」


突進しての蹴り、毒霧、魔剣での切りつけ、蜘蛛糸を辺り一面に吹き付け、闇魔法で攻撃を加える。


それらの攻撃を、ヤツは水の盾のようなものを使って捌き続けた。
人間ってこんなに強いの?書物は当てにならないものだわ。
それとも人間は寿命が短い分、一気に成長するのかしら?
何にせよ、大人になる前に殺してしまわなければ、、、


ならば!


「シネッ!!」


“ダークニードル・ダウンプア”


私の魔力を全部つぎ込んで、闇の槍を横殴りの雨の如く発生させる。
不規則に放たれるそれは、私の意識が入り込まないので回避が難しい。


「“アクアショット”“フロウマネジ”」
ヤツの手から発生した水が流れを変え、高速でヤツの周りを回り始めた


侵入者に向かっていった闇の槍は、水の流れをものともせずに進んでいくが、どうしてもほんのわずかにスピードが落ち、軌道が逸れる。


そこをヤツに全てたたき落とされてしまった。


魔力がつき、私は激しい疲労感と共に膝をついた。
万策尽きた私は、うなだれてヤツが近づいてくるのをぼんやり見つめていた。
まさか、初めての戦闘で人間の子供にやられてしまうとは。


強くなったと思っていたのに、なんと自分に都合の良い妄想をしていたのか。
自分で自分が情けなくなってくる。


人間は私の所まで寄ってくると、のど元に刃を突きつけた。


「グゥ、、、コロセ、、、」


もはやひと思いにやってくれれば良い。
何にもお役に立てなかったけれど、それも私らしいってものだ。


「やっぱり知性がある!しかも言葉が通じる!?やったぜ!」


何をいっているんだ?こいつは。


「なぁ、あんたに頼みがあるんだ。」


捕まえて見世物にでもするつもりだろうか、もしくはテイム?
生憎私は部屋から出たら死んでしまうけれどね。


「俺の修行の相手になってくれ!」
「イヤダ、カエレ。」




生き恥を晒すくらいなら死んだ方がマシってものだ。


「まぁいいや、定期的に遊びにくるから、その時に殺しに来てくれればいいよ。じゃあこれはお近づきの印に。」


そういって、革袋に入った果実水と肉を挟んだパンを置いていった。


「どっちも俺のオリジナル、結構いけるよ。それじゃ、また。」


そう言うと、出て行ってしまった。


「、、、、、」














それからヤツは本当に定期的に表れては私と戦い、休憩をしながら話しかけてきた。


私も最初は無視を決め込んでいたが、誰かと喋りたい気持ちに抗えず、少しずつ会話をするようになった。




少年の名はイオリと言うらしい。
水魔法しか使えない出来損ないだと言う。
大体、戦闘中なんかは誰だって得意な魔法しか使わないもんだろうに、それが欠点だと本気で思ってるんだろうか?


私は、もう自分の家名は名乗らなかった。 
もうあの家に私の居場所は無いのだろう。






こんな姿の私にも普通に話しかけてくる
それがどれだけ私の心の救いになっていたか、ヤツには分からないだろう。






そしてそんな奇妙な関係が始まってしばらく経った時、遂に恐れた日がやって来た。




イオリは、もうここには来ないと言う。


どれだけ止めても、意志は硬いようだった。


また、私はここで一人ぼっちになってしまうのか?
そんなの嫌だ!どうして皆私を一人ぼっちにしてしまうのだ!


そんな私に、一緒に来るかと持ち掛けてくれた。


しかし、そんな事できっこない。
魔王様との契約はそんな生易しいものではない。


しかしそれすらも、イオリは答えを見つけてくれた。
いつも人の想像の斜め上を行く少年は、私の状況を瞬時に理解し、答えを出してしまった。


、、、例え失敗して命を落とすとしても、後悔はしない。
イオリは私に生きる希望をくれた。




それにしても、魔石を自身で作ってしまうとはつくづく想定外の男だ。

「水魔法しか使えませんっ!〜自称ポンコツ魔法使いの、絶対に注目されない生活〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く