話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

水魔法しか使えませんっ!〜自称ポンコツ魔法使いの、絶対に注目されない生活〜

地蔵さん

終わりの始まり 前編

私がこの≪宵闇の樹海≫を任されるようになったのは今から100年程前。
当時は魔王様の治める都市で、ある貴族の娘として比較的平和に暮らしていました。




しかし、魔法や戦闘に関してはなかなか成長が見られなく、親からは穀潰しと言われ、兄や同年代の子供達からも馬鹿にされていました。


魔族社会は強さがものを言う社会です。
貴族の家に生まれようと、力が無ければ淘汰されてしまいます。
逆に力さえあれば平民の出でものし上がる事ができます。


ただ、貴族は力を強める為にひたすら強い者を一族に取り入れ、その力を維持しています。
そんな訳で、基本的に貴族の子は総じて能力が高く、平民に後れを取るということはありません。
、、、はずなのに、侯爵の娘の私は潜在魔力の高さはあれど、それを有効に活用できる力を持っていませんでした。


このままでは家を追い出されてしまいます。
いや、追い出される位ならまだまし。
醜聞を避けるため、人知れずいなかったことにされるかもしれない。
魔王様のペットの餌にされるかもしれない。
魔法研究の素体にされてしまうかもしれない。
どこかの貴族の慰み者で一生を終えることになるかもしれない。


そんな不安から、必死に魔法と戦闘の訓練に明け暮れていたのだけれど、努力に対して結果が表れてこないのが現状でした。




そんなある日、お父様に呼び出しを受けました。
私にとっては絶対に良い話しでは無い、といっても無視する事は許されません。


お父様の執務室の扉をノックすると、思いの外明るい声が聞こえてきました。
「おお来たか、入れ。」
「失礼いたします。」


緊張した面持ちで執務室に入ると、お父様の他にもう一人いらっしゃるようでした。


「で、レスナー卿、、、いかがでしょうか。」
「ふむ、、、これだけの潜在魔力があれば十分な働きができることでしょう。」
「おお、素晴らしい!喜べ!お前のような出来損ないが役に立つ日が来たぞ!!」


魔力が引き合いに出されたということは、、、餌か、研究対象か、、、
それでも聞かずにはいられません。


「あ、あの、、、お父様?」
「今から王城へ向かう。支度をしてこい。」


王城?


「わ、私はこれから何をさせて頂けば良いのでしょう?」
「行けば分かる。魔王様の御目を汚さぬよう、さっさと支度してこい。」


言われるままに自分の部屋へ直行し、すぐに身支度を調えました。


考える間もないまま、あっという間に王城の謁見の間へと通されてしまったのでした。



「水魔法しか使えませんっ!〜自称ポンコツ魔法使いの、絶対に注目されない生活〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く