話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

水魔法しか使えませんっ!〜自称ポンコツ魔法使いの、絶対に注目されない生活〜

地蔵さん

目覚め

、、、




んん?あれ?俺寝てる?
さっきまでPCとにらめっこしてたはずなのに、、、もしかしなくても寝落ちしてしまったか?
やばいなー、またほっぺたにキーボードの後がついちまうかも。
それで着いたあだ名が『ワッフル』だからな、、、
誰かに弄られる前に顔洗ってこないと、今何時だろ?




、、、起きないな、俺。




意識しても目が開かないし体も動かない、、、
これはいわゆる疲れすぎて金縛りになった時のやつだな。




大体徹夜でゲームをやったりすると次の日にこういう風になったりするよなぁ。
昨日は一晩中スマホで小説読んでたっけ?




とははいえ瞼すら全く動かんとは、、、




おいっ、俺、寝てるぞ!
いい加減起きないとまた『おはようございます、ワッフル先輩』とか言って起こされるんだ!
気合いだっ!気合いを入れるんだ!
そうだ、頑張れ!もうちょっとだ!




瞼がっ、重いっ!
でも、あともうちょっとだ!
よし、いいぞ!ちょっぴり目が空いた気がする!とりあえず起きて顔を洗うんだ、そして鏡をチェックだ!
そして、残った仕事は、、、




残った仕事は、、、、、そろそろ死ぬんじゃないかな、俺。
現状のように、上司の言いなりのままやってたら、心も体も保つ気がしないな。
転職でもしようかな、上とか下とか無い自由な職とか、更に難易度上げて自給自足で生活するとか、、、憧れだけだなぁ。




と、いかんいかん、また夢の世界へ旅立ってしまう。




ゆっくり、落ち着いて目を開けると、朝日が目に差し込んできて思わず目をしかめた。
俺はいつのまにか仰向けに寝てたみたいだ、とりあえずこれならキーボードの跡が顔についてるってことは無いだろうな。




逆光で見えないけど、誰か覗き込んでるな、、、
せめて同僚のヒロか後輩のユウであってくれ、、、




つーか、、、天井が白くない、茶色だ、ってことは木の板だ。
どこだここ?実家か?




「あ~」
声が出た!しかも誰!?俺の口から出てるのに俺の声じゃない?




「あ、この子今笑ったわ!」
嬉しそうな女の人の声がする。
「イオリ様、たっぷり眠ってご機嫌なのかもしれませんねっ!」




二人の女性が俺を見下ろしている。
一人は金髪碧眼で、髪をセミロングにした女性、年は20代位なんだろうか。
白いシンプルなワンピースを着ている。
もう一人は栗色の髪に亜麻色の目をした女の子、恐らく10代前半。
クラシカルなメイド服を着ている。
二人ともとんでもなく美人さんだと思うが、こんな方々を知り合いになるような人生は送ってないはず。




これは一体どうゆう状況なんだろうか?
実は仕事はもう終わっていて、飲みに行った先で、、、
いやいやいや、仕事は終わる量じゃなかったし、飲みに行ってもこんな人達に声かけられるようなハートをしてないわ。




「だっこしてあげましょうね~」
うぉぉ、視界が高い!俺を持ち上げてどうする気だ!?
「あ~、ンマ~」
「あ、今ママって言ったんじゃないですか!?」
「天才かもしれないわね!」




こんなに華奢なのに、俺を持ち上げられる位力持ちなのか!?
つーかおれの体がすっぽり腕の中に入っちゃってるじゃないか、どんだけでかいんだこの人?
俺も「放せ!」って言ったはずなのに変な声が出てるし。
手とか足とかもまともに動かないし。
そして、すぐに眠気がやってくる。
なんなんだこれは!?




なーんて現実逃避ごっこも楽しかったけれども。
もう、現実逃避もしてられないな。




この状況、冷静に受け止めてみると。
俺、赤ちゃんになってる。

「水魔法しか使えませんっ!〜自称ポンコツ魔法使いの、絶対に注目されない生活〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く