話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

水魔法しか使えませんっ!〜自称ポンコツ魔法使いの、絶対に注目されない生活〜

地蔵さん

天才ベイビー?

夢にしてはリアルすぎるし、長すぎる。
暑さ寒さも感じるし、恐らくは現実なんだろう。
くる日もくる日も金髪碧眼の綺麗なねーちゃん(多分母親)と、栗色の髪に亜麻色の目の女の子(多分メイド)の腕の中でされるがままの俺。
お世話される中、イオリって名前で呼ばれている事から、俺の名前はイオリって言うんだろうな。




オムツを代えられる時とかもう最初のうちは羞恥心がヤバかった。毎日されてるとだんだん当たり前のことになってくるけどね。
でもまぁ前世でも全身麻酔の手術後はそうだったよな~、今はもう昔の話だ。
「オムツ代えてる間、お利口さんにできますねぇ」
「まるで、こっちの言葉が分かってるみたいね」
「将来に期待が持てますね!」
「本当にありえるわ」




たったこれだけの事で天才扱い、、、いつ泣けば良いか分からないんだよな~。
見た目はベビーでも中身はおっさんだから、正直腹へった!とおトイレ!くらいしか泣くタイミングが分からない。
この体で覚醒してからおよそ一念発起が経過した。この世界にも四季があるらしく、おかげで一年の経過が分かりやすい。




助かるのは言葉が認識できることだな、おかげで色んな情報が確認できる。
時間の概念や距離の測り方なんかは大体考え方が一緒だし、物の数え方も十進法みたいでちょっと安心した。
基本的な常識はご都合主義的に日本に準拠しているようで、こっちとしては大助かりだ。




日本と明確に違うのは、まず人の見た目。
母ちゃんもメイドも大変な美人さんなのだが、金髪に青い瞳とか、少なくとも日本人ではなさそうな顔立ちだ。
たまーに入ってくる子供、恐らく兄や姉なんだろうと思うけど、こちらも金髪碧眼。たぶん俺もそうなんじゃないかな?
とりあえず、今のところ東洋人の顔立ちの人間を全く見ない。




次に家に電化製品がなさそう。スマホやパソコンはおろか、電灯もなさそうな雰囲気がある。
この家にしたってメイドもいるし、ある程度の貴族とかお金持ちの家なのかもしれない。でも建物は木造だし、夜の明かりもキャンプで使うランタンの骨董品バージョンみたいなのを使ってるし。
オムツも布だしな、用を足した後の不快感がやばい。
何にせよ、文明のレベルはそこまで高い物では無いのだと思う。




そして魔法の存在。
メイドが夜のミルクの時間に、指先から光を出した時には驚きを通り越して感動してしまった。
完全にファンタジーの世界に転生してしまったって感じだな。
魔法に関しては、今のうちからワクワクが止まらないぜっ!
実はもう魔力というか魔素のようなものは感じ取れてたりする。一日中寝てるだけで他にやることが無かったからなぁ。
魔素は体の中にも、空気中にもどこにでも溢れていて、それを利用して様々な作用を起こすことができる。
今の俺にも、花瓶をちょっと移動する事位はできる。
せっかく天才扱いしてくれてるし、ここで更にアピールしてみよう。
意識を花瓶に集中する。皆の見ている前で花瓶がズズズっと動いた。
「え!?」
「今、、、」




 さぁ、ほめても良いのよ!?
 とばかりに母ちゃんを見つめる俺。
 何故か二人とも青ざめた顔をして辺りを見回している。




「一体何が起こったの?」
「結界内に賊が入ってきた様子はありません。」
「まさか、魔族の仕業、、、?」
「護衛を呼んで参ります、、、幽霊じゃありませんように、、、。」




んん~?なんか予想とは違う反応になっちゃったぞ?

「水魔法しか使えませんっ!〜自称ポンコツ魔法使いの、絶対に注目されない生活〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く