話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ウ〇コ時間に読めるショートショート

けったいん

運命【4月20日をテーマにショートショート】


わたしはマボロシの郵便配達員。

宛名のない手紙を見つけ出し、
その願いを叶えてくれそうな相手に届けにゆくのだ。

届け先はどこだって問題ない。

地の底から空の彼方まで、どこでも郵便を届けることができる。
もし、海の人魚から雨が降らず困っているという手紙があったなら、
一目散に空の神様に伝えて、雨を降らすことだってできる。

手紙の差出人は、いつもてんでバラバラだ。
けれど、最近では人間がいちばん多いような気がする。
近頃の人間は、いろいろ望みすぎているに違いない。

わたしは毎朝、珈琲とトーストを摂る。
珈琲には牛乳をたくさん入れて珈琲牛乳に、
トーストにはジャムをこれでもかという程塗りたくっている。

こうしないと、身体がもたないのだ。
配達員は、じゅうぶん体力仕事である。

今日の仕事は二件だけ。差出人は、両方とも人間だ。

一つは、女子大生から。
《 やりたいことが見つかりません。どうしたらいいですか。》
もう一つは海外で働く青年から。
《 僕は青年海外協力隊に参加しています。
そこで、もっと世界を救いたい。なのに人が足りません。》

ふむふむ。どうやら今日は早く終わりそうだ。

帰ったら、お気に入りのバニラアイスにウイスキーを
数滴たらして頂こう。映画を見るのもいいかもしれない。


わたしは早速、二人の手紙をお互いに届けることにした。
きっとこれで充分だろう。

少女は海外で人を助ける使命に導かれ、
青年はその少女に手伝ってもらえばよいだけだ。

こうやって、わたしが思いのままにやったことを
人間は「運命」と、勝手に呼んでいるらしい。
命れいを運んでいるだけなので、あながち間違いではないが。

・・・

数か月後、また同じ二人が差出人だった。

こいつらはこの前届けたばかりだろう。
しぶしぶ二通の手紙を開いて読んでみる。

まずは女子大生から。
《 青年海外協力隊に参加してみたのですが、思っていた世界と
違いました。どうしたらよいのでしょうか。》

次は青年の手紙だ。
《 優秀な人材が足りません。もっと世界を救いたいです。》

こいつらは何をしているんだ。
お互いの想いを叶えてやっただろうに。

そもそも、自分で動いて何かを生み出したことがあるのだろうか。
人間には、なかなかわがままな奴が多すぎるんだ。

わたしは、二つの手紙を暖炉に投げいれて、灰にした。
そしてジャムたっぷりのトーストに嚙り付き、
珈琲牛乳で流し込んだ。


このように、運命はときどき気まぐれだ。
二度目はないこともある。

だから、自分で探しにゆくのだ。

ーーーーーー
4月20日は、
郵政記念日
女子大の日
ジャムの日
青年海外協力隊の日
珈琲牛乳の日

これらのキーワードをつなぎ合わせてショートショートを書いてみました!

「ウ〇コ時間に読めるショートショート」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く