異世界では幸せに。

ノベルバユーザー435265

冒険者活動始めるよー(たぶん)

「ふぁぁぁー」






ギシっ






起きた僕は部屋から出て一階にある食堂にきた。
僕が泊まっているのは『月の導き亭』と言う宿兼食事処みたいなところだ。ここはカール様に教えてもらった宿でカール様も王の役につく前はこの宿に泊まっていたらしい。だけど王様が泊まるからとかで高い料金かと思ったらそこまでは高くなく、普通の冒険者でも背伸びすれば届く値段で何より料理が美味しい。ちなみに宿代一泊銀貨四枚(朝夕のご飯付き)安いと思う。しかもここはシャワーまで付いていて(シャワーといっても足踏み式で押した圧力で溜めてある水を出す仕組み)とても良い。






「おはようございます。ハナさん」






「おはよう。レイ君。今日はグレートボアの香草焼きとサラダとスープとパンよ。朝からいっぱい食べて頑張ってね。」






「はいっ今日も頑張りますよ。」






この人はハナさん月の導き亭を経営しているガンツさん(見た目が怖く怖がられることがあるためあまり調理場から出てこない)のお嫁さんでここの女将をしていて、二児の母。とても美人






「おはようレイ君、やっと起きたねー」






「おはようございます。マリナさん」






マリナさんはさっきのハナさんの娘でハナさんの血を引いているだけあってとても顔が整っており美人。






「ねぇ、レイ君今日は魔物狩りにいくの?」






「はい、そうですね。お金があるからって怠けるわけにいきませんし。」






「・・・気をつけてね。」






「大丈夫ですよ、僕こう見えても強いですし、まだランクFですし。ね、そんな顔しないでください。マリナさんは笑顔が似合うんですから僕は笑顔で送ってもらって笑顔で迎え入れて欲しいですよ。」






「絶対怪我せず帰ってくる?私と約束できる?」






「はい!約束しますよ。必ず無傷で帰ってきます」






怪我しても回復魔法で治せるけどね。






「じゃあ約束ね。必ず帰ってきてね!」






そう言うとマリナさんは仕事を手伝うために戻っていった。






僕はご飯を食べたあと宿を出て冒険者ギルドに向かった。






































sideハナ








「ねぇ、レイ君今日は魔物狩りにいくの?」






「はい、そうですね。お金があるからって怠けるわけにいきませんし。」






「・・・気をつけてね。」






「大丈夫ですよ、僕こう見えても強いですし、まだランクFですし。ね、そんな顔しないでください。マリナさんは笑顔が似合うんですから僕は笑顔で送ってもらって笑顔で迎え入れて欲しいですよ。」






「絶対怪我せず帰ってくる?私と約束できる?」






「はい!約束しますよ。必ず無傷で帰ってきます」






あら、マリナとレイ君が喋っているわね。
というかレイ君わざとこういう言い方しているのかしら?それとも天然?まぁどっちでもいいか!不安そうだったマリナの顔が笑顔になっているし。最悪レイ君に責任とって貰えばいいしね。

「異世界では幸せに。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く