異世界では幸せに。

ノベルバユーザー435265

お勉強

カリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリ






「ヴァルツ王国は四つの国と面してします。一国目は北西の位置に面している。カール様が王として治めている獣王国ハウデン。、二国目は東に位置しているジアニス帝国。三国目は西に面しているファスティニア聖国。最後にヴァルツ王国と敵対している南にある国ジャネルバ王国です。まずこれがレイ様に覚えていただく国の位置です。」






僕が今やっているのは地理?の勉強で国の名前、国の位置を覚えることをしている。まぁ、ぶっちゃけ日本の県とか、海外の国の位置とか国名覚えるよりは断然楽でいいんだけどね。と言うかもう覚えたし。四国なんて楽だね。でも敵対してる国ジャネルバ王国って名前だけど名前から悪そうな国だね。






ん?国語、数学?まず国語は試験にないみたいだし、数学と言うより算数しかも、足し算、引き算、掛け算、割り算、これで終わり。
だからすぐに終わったし(今教えてくれているメイドさんは驚いていたけど)だから今他の国の位置を教えてもらっているんだよね。












































「ありがとうございました。」






僕は教えてもらったメイドさんにお礼を言い王城を出た。
僕はそのまま街に歩いて行き、風呂はないけどシャワー(足踏みで押した圧力で溜めてある水が出る仕組み)のある宿に入った。ここはカール様に教えてもらった店でカール様が昔まだ王様になる前に泊まったことのある宿でご飯美味しく、いい宿だと聞いたのでここにした。宿の名前は『月の導き亭』僕的にはいい名前だと思う。
(この宿のことはそのうち来る冒険に行くときに紹介します。)






朝から夕方までみっちり勉強して疲れた僕はその日すぐに寝た。









「異世界では幸せに。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く