異世界では幸せに。

ノベルバユーザー435265

5年が経ちました。ハプニング発生!

「ふぁぁーー」






目が覚めると僕の朝のルーティーンが始まる。
軽く体操をした後、剣の素振り、魔力のコントロール、それらをこなした後に朝食を食べて森の中で魔物を狩る。
そのあと昼飯を食べて、あとはそのときにやりたいことをやると言う感じの毎日を送っていた。
森の中ではやることが無いので夜になったら寝るで朝早く起きると言う早寝早起きの凄く健康的な生活をしていた。
そして今日僕は森を出て王都に向かう準備をしていた。




































「よし、準備完了!」






とは言ったものの、食料は倒した魔物の肉と森で集めた沢山の木の実やフルーツがある。水は魔法で作れるから困ることはない。
道のりは昼間にちょくちょく川を下って行って森の出口付近までは行ったことがあるので基本的に迷うことはない。迷うことはないと言っても川に沿って下ればいいだけなんだけどね。ただし、めちゃくちゃに長かった。多分歩いて抜けて行くなら3日位はかかるとおもう。
そう、今の説明を聞いたところで僕はあまり準備をする事が無い。






とりあえず準備が終わったので僕は外に出て5年間過ごした家を作ったときと同じ様に土魔法を使って中を埋めていった。
作ったときは数時間掛けて作ったけど埋めるのは一瞬だった。
ただ一瞬で埋まるのにも理由があって、この5年間で魔力のコントロールや使い方が上手くなったのもあると思う。






家を片付けた僕は王都を目指して歩き始めた。










































歩き続けて3日目
僕は森の出口のすぐ近くまで来た。
するとその時、出口の方から血の臭いが漂ってきた。
僕は走って森の出口をめざした。






走ること1分森から飛び出した僕の目の前に広がっていたのは・・・

「異世界では幸せに。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く