追憶の彼方に、何が待つのか。

yk1998

prologue

微かに香る甘い匂い。頬に感じる暖かい空気。ゆっくりと瞼を開くと、そこには知らない天井が広がっていた。

「ここは…?」

体が重い。自分の体でないような気さえする。まるで何千年も眠っていたかのようだ。

「おや、目が覚めたかの。アンタ、大丈夫かい?」

誰かの声がする。わからない。でも、どこか懐かしい。

ゆっくりと体を傾けると、声の主が目に入る。
小柄な婆さんだ。分厚い毛皮で作られた服に、じゃらじゃらと無数の装身具のようなものがぶら下がっている。

「アンタ、よう生きていたの。あんなところでぶっ倒れとったから、まあ助かるまいと思っておったが…」

婆さんの言葉からするに、どうやらどこかで倒れていたようだ。

頭がずきずきする。思い出せない。
自分の名は…

思い出そうとするほど、痛みが大きくなる。
それでも思い出そうとすると、ふっと力が抜けた。ものすごい眠気が襲ってくる。

そして再び、自分が何者かもわからないまま、目を閉じた。

「追憶の彼方に、何が待つのか。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く