話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

アパートのとなりに引っ越して来た年上のお姉さんが美人でしかも巨乳だったけど、紳士でいたいからひたすら目を逸らしていたら『普通に見て良いよ』と言ってくれた

三葉 空

20 まさかの恋愛相談

 世の中、珍しいこともあるもので。

「伊織、俺の恋愛相談に乗ってくれ」

 なんて、生粋のモテ男である親友が言って来たのだ。

「康太……熱でもあるのか?」

「は? 何でだ?」

「いや、俺がお前に恋愛相談に乗ってもらうのは分かるけど、何でお前が? 俺に相談することなんてないだろ?」

「あるんだよ、伊織。話を聞いてくれ」

「よし、聞こうじゃないか」

「実はさ……最近、良い感じの女がいるんだ」

「お前はいつもそうだろ」

「いや、そうじゃなく……今までの遊びの女とは違うって言うか……すごく純粋な子なんだ」

「へぇ~? どんな子なの?」

「女子大に通っている、同じ歳の子でさ。ちょっとした合コンで知り合ったんだよ」

「合コンに参加する時点で、あまり純粋っぽくないなぁ」

「バカ、それは偏見だよ。それに、その子は人数合わせでどうしてもって頼まれて来たそうなんだ」

「ああ、なるほど」

「それでまあ、俺も最初はそこまで興味が無かったんだよ。地味で大人しいからよ。ちんちくりんで、胸も小さいし」

「ひどい言いようだな」

「でもさ、話している内に……何か、良いなーって、思ったんだよ」

「ヤリチンのお前が?」

「ヤリチン言うな。ああ、そうだよ」

「そうか。でも、その子も同時進行の一人に過ぎないんだろ?」

「だから、マジで惚れたから、他の女はもう別れたんだよ」

「マジで? ヤリチンの康太が?」

「だから、ヤリチン言うな」

 はぁ~、と康太はため息を漏らす。

「それで、その子と付き合い始めたんだけどさ……何か、今までと勝手が違うと言うか……俺、マジで惚れた子と付き合うのは初めての経験だから……全然、何も分からなくなっちゃって」

 康太は言う。

「俺って実は、恋愛初心者に等しいのかもしれない。今まで、仲良くなって、セックスをして、それだけの関係だったから」

「その子とエッチは?」

「まだしてないよ」

「マジで? ヤリ……」

「て言うな」

「すまん」

「だからさ、絶賛ラブラブ中の伊織くんに相談したいと思った訳だよ」

「とは言っても、俺も付き合ったのは光さんが初めてだし……自分で言うのもなんだけど、まだ半分は童貞みたいなものだぞ?」

「その童貞感が俺にも欲しいんだよ。きっと、彼女にはそんな男が似合うからな」

「いやいや、お前が今さら童貞感を出すとか……難しいだろ」

「オタクにでもなるか?」

「いや、むしろ引かれて終わるだろ」

「そ、そうか……」

「落ち着け、康太。らしくないぞ」

「すまん、俺はマジで……彼女のことが好きなんだ」

「ちなみに、名前は何て言うの?」

「……美奈みなって言うんだ」

「そっか……マジで惚れているんだな」

「ああ」

「仕方ない……俺もひと肌ぬぐか」

「え?」

「と言うか、光さんにも相談してみよう」

「光さんって、お前の彼女?」

「そう。もしかしたら、良いアドバイスがもらえるかもしれないし」

「そうか、ありがとう」



      ◇



 ぐつぐつ、と鍋が煮立つ。

「何か、私たちってよく鍋をしているよね」

 光さんが言う。

「そうですね」

「この前も、伊織くんとその浮気相手の人と3人で鍋をしちゃったし」

「なッ!?」

「えっ、伊織? お前、こんな素敵なお姉さん彼女がいながら、他の女と浮気をしたのか? 見損なったぞ」

「いやいや、違うから。光さん、冗談でもよしてください!」

「うふふ、ごめんなさい」

 光さんは微笑む。

「いやー、しかし、伊織から話は聞いていましたけど。マジで美人で可愛らしい人ですね」

「うふ、ありがとう」

「おまけに、巨乳だし」

「おい、康太。あまり見るなよ」

「良いじゃんか、ちょっとくらい」

「あらあら、二人は仲良しなのねぇ」

「いやいや、全然そんなことないですよ」

 俺は康太を押さえつけながら笑顔で言う。

「それで、恋愛相談だっけ?」

「あ、そうなんす。俺、最近マジ惚れした女の子と付き合い出して……」

「今までヤリチンでロクに恋愛をして来なかった康太は、どうしたら良いか分からないんんだそうです」

「だから、ヤリチンって言うな。こんな素敵なお姉さんの前で」

「で、光さんはどう思います?」

「うーん、そうだなぁ……」

 光さんは箸を置いて唸る。

「……そのままで良いんじゃないかしら?」

「えっ?」

「康太くんは、康太くんのままで。変に今までの自分と違うことをしないで」

「で、でも、そんな俺だと純粋な彼女に嫌われちゃいますよ? ヤリチンとか言われちゃう俺は……」

「でもね、康太くん。女の子って、その……男の子が思っている以上にとてもエッチだから。私だって、いつも伊織くんとエッチがしたいって思っているし……」

「ひ、光さん……」

 俺は感動でジーンとしてしまう。

「だからね、その子もきっと、康太くんとエッチがしたいって思ってくれているよ」

「そ、そうですかね?」

「そうだよ、康太。前に、俺が康太に光さんとのことで相談した時にも言ってくれたじゃないか。等身大で行けって。ありのままのお前で、行けよ」

「伊織……お前、たまには良いことを言うな」

「うるせえよ」

 俺と康太は笑い合う。

「よーし、じゃあ乾杯しようか」

 光さんが俺と康太のグラスにビールを注いでくれる。

「良いですね」

「しましょう」

「じゃあ、せーの……カンパーイ!」

 3人のグラスがコツンとぶつかり合う。

「あ、光さん。そのカンパーイ、を『オッパーイ』って言ってもらえます?」

 俺はついニタニタしながら言ってしまう。

「伊織くん?」

 笑顔で睨まれた。

「ごめんなさい」

 俺は素直に謝る。

「良いね~、ラブラブで。俺も早く美奈とそうなりたいよ」

「なれるわよ、きっと。ねえ、伊織くん?」

「ああ、なれるさ」

「へっ、ありがとよ」

 こうして、楽しい宴の夜は過ぎて行く。







「アパートのとなりに引っ越して来た年上のお姉さんが美人でしかも巨乳だったけど、紳士でいたいからひたすら目を逸らしていたら『普通に見て良いよ』と言ってくれた 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く