話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

千夜一夜寝物語

黒神真司

星降る寝室

毎夜疲れた身体を横たえ
明かりを落とすと
プラネタリウムが星の海を描き
アロマの香りが潮騒となって香る
たったそれだけのことで
明日朝目が覚めたら
また一日がんばれる

「千夜一夜寝物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く