転生までが長すぎる!

兎伯爵

イガグリ頭の理由

 先日、食堂の一角でイガグリと交わした会話だ。

 海に行く。
 ヤツはそう言った。

 面談の翌日、俺たちは改めて食堂でそのことについて話し合っていた。

「以前にもお伝えした通り、ここからそう遠くない場所に海岸があります」

 お手製のマップを指でなぞりながら、イガグリが説明する。

「教官との鬼ごっこで鍛えられた今の我々なら、二十分もかからないでしょう。そこまでの経路も調査済みです」
「手際の良さが逆に怖い」
「ケモナーの嗜みと言っておきましょう」
「関係ないよね。一応聞くけど、やばいことはしないよな?」
「大丈夫です。何も更衣室を覗こうというわけではありません。ただ、普通に海に行き、水着の女性を拝もうというだけです。血の涙を飲んで、歯を食い縛り、犯罪行為は我慢しましょう。それが人の生きる道」
「ギリギリじゃねぇか。……けど、それも難しくないか?」
「ええ。涅槃は遠く、倫理の内側に身を置くのは、とてもとても難しい」
「お前もう爪先少しはみ出てるぞ。そっちじゃなくて海に行く方だ。俺たち、訓練期間中は外出禁止だろ」

 少なくとも、「海に行きたいです!」という理由で外出許可が下りるはずもない。
 動機が「水着の女の子が見たいから」では尚更だ。

「外出の許可が下りないなら、手段は一つでしょう。どんな夢にも、必ず障害はある。しかし、立ち塞がる壁に立ち止まっていても、夢は叶いません。――進むのです。壁を、乗り越えて」
「それっぽく言ってるけど要するに脱走だよな」

 訓練所の周囲は脱走防止の為の壁に囲まれている。
 無許可で外に出ようと思えば、それを越えるしかない。

「しかし他に方法がありません。この地獄の訓練場に、水着の女性が現れることなどまずありませんし」
「そりゃそうだろうけど。目的はゴリラさんの性欲解消だろ。なんでそこまで水着に拘るかな」
「私が見たいからです」
「……」

 そっか。
 ゴリラさん云々は、ついでだったか。
 道理で準備が良いはずだ。

 ……コイツらってホント、自分に素直だな。

「あなたはご存知ないようですが、ここには獣人の女性もいるんですよ。以前、たまたま見かけたことがあります」
「ふうん。まあ、自称天使もいるしな」
「素晴らしい猫耳と尻尾でした。突然の衝動に駆られ、その方のスカートに頭からダイブした結果、罰として私の髪型がこうなったわけですが……まあ、その話はいいでしょう」
「さらりと変態度を上げないでくれる?」
「彼女のもっさりした腕に殴られながら、私は思いました。――あの服の下は、どうなっているのだろうかと」
「思い出と性癖は胸に秘めとくもんだぞ」

 ちょっと共感は無理そうだ。
 俺、獣フェチじゃないし。
 何より、スカートにダイブするような、刹那的な生き方はしていない。

「毛の広がり方。感触。乳首の数。地肌の色。匂い。あの時から、私のケモノ愛は膨れ上がるばかりですよ」
「お前……」

 思ったよりもハードな変態だった。
 これがガチ勢か。

「転生までが長すぎる!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く