転生までが長すぎる!

兎伯爵

訓練生 In ダンジョン 2

 訓練が始まり、二か月が経過した。


 天使様の叱咤激励もあり、俺は何とか生き延びていた。
 まあ、死んでも死なないのだが。


 体を鍛え、剣技を磨き、サバイバル演習で学んだ技術を身に着ける。
 軍隊としか思えない訓練ばかりが続く毎日だったが、その日は違った。


「今日、貴様らにはダンジョンに潜ってもらう!」


 ダンジョン。
 ファンタジー世界ではお馴染みのワードだ。


 古代の遺跡であったり、魔法の迷宮であったり、形式は様々だが、大抵はモンスターがいて、何故か宝箱が存在する冒険スポットである。


「教官! 質問よろしいでしょうか!」
「許す!」
「ありがとうございます! ダンジョンとは何でしょうか!」
「なんかモンスターがいて、ジメジメした謎空間だ! 徳川の埋蔵金やアトランティスが眠るとも噂されている!」


 どんな世界観だ。


-------------------------------------------------------------------------------------


 というわけで、ダンジョンである。


 謎の魔法陣で転送された先は、遺跡のような場所だった。


「地下迷宮って話だけど」


 当然、窓はないし日も差さない。
 ただ、真っ暗ではあるが、周囲に生える苔が光を放っている為、視界は問題なかった。


「とりあえず教官から出た指示は、三時間生き延びること。モンスターとは戦ってもいいし逃げてもいい。で、途中で手に入れたアイテムは貰ってオーケー、だっけ?」
「ええ。合ってます」


 イガグリ頭の眼鏡が答える。
 最近、一緒にいることが多い、同室の青年だ。


 唯一渡された武器、中古っぽい剣を確認しつつ、俺は呟いた。


「ここ、モンスターがいるんだよな」
「教官の話だと、そうですね」
「何系かねぇ」
「この手の迷宮だと、アンデット系のイメージが強いですが」
「骨ならいいけど、腐ってるのとか幽霊とかは勘弁して欲しいな」
「同感です。死んでからも居座るなんて、絶対に根暗ですしね」
「お前いま味方全員ぶっ刺したぞ」


 この場の訓練生は十数人。
 スタート地点は同じだし、チーム分けされているわけでもないから、どう動くかが鍵だ。


「まあ、無理に分かれる必要もないか。全員不死身だし、こんだけ数がいりゃ大抵何とかなるだろ」
「そうですね。食われでもしない限り、放っておけば傷も治りますし」


 他の者たちもその結論に至ったらしく、全員で動くことになった。




 ダンジョン探索。
 長い廊下と、所々にある部屋を歩き回る。


「宝箱発見。……空だ」
「こちらもです」


 探索結果は虚しいものだ。
 地下だから風景に代わり映えがないし、特に宝物も見つからない。


 まあ、探索なんてこんなものだろう。


「おーい、なんか見つかったか?」
「ダメだ。何もねぇや。トラップはあったけど」
「あ、メカクレが落とし穴に落ちたぞ。ちょっと誰か手伝ってくれ」
「!? やべぇ、モンスターがいるぞ!」
「安心しろ。ただのネズミだ」
「ばっか、ネズミの危険性知らねぇな!? 毒属性で増殖スキルまで持つ凶悪なKEMONOだぞ!」
「ゲーム脳乙」


 周囲からもそんな声が聞こえてきた。
 どうやら成果は芳しくなさそうだ。


「収穫なしか」
「ネズミ……」
「ん? どうした?」
「いえ、別に。メタ的に考えると、そろそろモンスターでも出てくる頃合いでしょうか?」
「あ、そんなことを言うと」


 イガグリの言葉がフラグだったのだろう。


「うわああああああああ!」


 少し離れた場所で、悲鳴が上がった。
 全員の意識がそちらに向く。


 必死の形相で、訓練生の一人が逃げて来る。


 その背後には、不定形のぶよぶよとした塊。
 透明ではなく、どこか濁った、泥のような色合いだ。


「スライムだ! スライムが出たぞぉ!」


 モンスター登場。




 ――スライム。
 RPGでお馴染みのモンスターだ。
 しかも直径三メートル以上もある、特大サイズ。


 人間を丸呑み出来そうだ。


「おい、ヤバいぞ。典型的な捕食系のモンスターだ。食われて消化されるタイプ」
「嫌な死に方ランキングがあれば、間違いなく上位ですね」


 だよなー、と返事をしつつ、俺は剣に触れる。


 どうするべきか。
 考えてみれば初めての実戦、初めてのモンスターだ。


 戦うか逃げるか、誰もが決断しかねている。
 そんな訓練生たちの迷いを吹っ切るように、一人の男が前に出た。


「やれやれ。臆病者どもめ。スライム如きに何をビビっている?」


 筋骨隆々とした、大柄な男だ。
 巨漢は剣を抜き放ち、堂々とした足取りでスライムに近付いていく。


「下がっていろ。こんな雑魚、我の手にかかれば――」


 ぱくん、と。
 スライムの体が伸び、男を呑み込んだ。


 はい、犠牲者一名。


「ゴリラさんがやられた!?」
「そんな! 頭はアレだけど、身体能力だけは凄いゴリラさんが!」


 騒ぐ訓練生たち。


 口ほどにもなさすぎる。
 まあ、死にはしないだろうが……。


「スライムって近頃は逆に強キャラ扱いだよな」
「考えてみれば物理攻撃無効の時点でアレですしね」
「助けられるか、アレ?」
「無理かと。我々まで呑み込まれるのがオチです」
「だよね」


 俺たちの武器は剣のみ。
 となれば、取れる選択肢は一つしかない。


「逃げるぞ!」
「はい!」


 一目散に逃げ出した。



「転生までが長すぎる!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く