暗殺者の欲望

カキ

暗殺へ

 銀髪の少年はどこにも見当たらなかった。
「オイ!どういうことだ!」
 暗殺者は兵隊の死体が残らないようにライターで火葬をしていた。
「そう言われても、姿が見えないわ! もしかしたら本国へ連れてかれたかもしれない。」
 私が起こしてしまった行動の罪とダイシがアナトの事で焦っている事は連れて行かれる可能性について無関係と考えるのは不自然だった。
 私の考えを聞くや否や、私から檻の鍵を奪い、檻を開けて一人の囚人の胸ぐらを掴んで問いただした。
「ここに銀髪の少年は入らなかったか!」
 囚人は怯えながらも答えた。
「そんな奴は収容されなかった。」
 その言葉に脱帽して、囚人を離し檻から出ようとした。
「で、でも! そこの囚人の独り言では今日夕方に重要参考人が隣国に搬送されたそうです!」
 囚人は助けて貰うために自分の知ってるいる情報を話してくれた、それは私達が最も欲しがっている手がかりだった。
「本当か!」
「そこの兵隊が言ってました。」
 囚人が指を指したのはさっき殺された兵隊だった。
「しまった! 殺すんじゃなかった~」
 人を殺す価値観が暗殺者にはないかと疑問を持った。
「オイ!」
「ハイ!」
 突然ダイシは答えてくれた囚人を掴み肩を組んだ。
「お前! 名前は!」
「アザマシ・カルマ」
 アザマシはとてもひょろっとした身体付きで、黒髪の弱そうな少年だった。
 その少年が何の罪を起こしたかわ、さだかではなかった。
「そうかアザマシか。 よし! アザマシ! ここからでるぞ!」
 ダイシは暗器であるライターを上に構えて本日二つ目の技を放った。
  エクストリーム キャノン!
 「ボコ!ボコ!バコバコバコ!バコン!!」
 ライターから炎が凝縮され地下と地上の分厚い地面に大穴を開けて、薄暗い部屋に月明かりを入れた。
「オッシャー!!」
 中に入っていた囚人達は歓声を上げて脱獄を喜んだ。
「お前ら!ここはもうじき火の海になるからここから脱獄しろよ!」
 ダイシはそう言い残すと私の首を掴んで穴から脱出した。
 「なにすんの!」
 首を捕まれた私はその苦しさをダイシに訴え、辺りを見回した。
 突入する前に見た高いロード軍の建物は燃え盛り激しく燃えるろうそくのようだった。
 その目の前の光景に目を奪われている私を抱き寄せてきたのはダイシだった。
 ダイシはライターを構えて何かの準備をしていた。
「あのー【勝負欲】さん? なにをしてるのでしょうか?」
 ダイシさんは快く答えてくれた。
「やっぱり馬車に追い付くには空から行くのがいいかな!って」
 確かにここから隣国へは3日かかるからまだ間に合う。
 しかし空から追い付くのがよく解らなかった。
「さっきの技の応用で空を飛ぶ事が出来るんだ! だから速く行くことができるぞ!」
 さっきと同様にエネルギーがチャージされて空に飛ぶ用意ができていた。
「ちょっとま!」
 まだ発言していないのにエネルギーが放出されて、私達は空へ向かっていった。


 












「暗殺者の欲望」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く