勇者に殺された俺はどうやら迷宮の主になったようです

ミナト日記

迷宮の侵攻 02

 所持ポイント5000
 それが先日の赤竜殺しで手に入れたポイントだ。


 かつてないほどの戦いを終えた後勝手に増えていたが、桁がとても多い。
 人知さん曰く、『-各上の存在を倒したためだと考えられます-』とのことだ。
 それだけ、あの赤竜が強かったということであろう。
 確かに全ての部下が戦闘不能に陥り、俺も魔力の大半を失ったのだから当然といえば、当然なのだが。


『迷宮管理権限、迷宮管理実行!』


【迷宮モンスター一覧】
【迷宮仕掛】
【迷宮造形】


 と、一覧が目の前に浮かび上がってくる。だが前とは異なり二つほど増えている。
 試しに触れてみると、さらに詳しく浮かび上がった。


【迷宮モンスター一覧】
 〇ゴブリン・10P
 現所持数(100)
 〇ゴブリンキング・∞P
 現所持数(1)
 〇スライム・ 5P
 現所持数(0)
 〇スライム王・∞P
 現所持数(1)


【迷宮仕掛】
 〇範囲能力低減(F)・500P
 〇範囲能力向上(F)・500P


【迷宮造形】
 〇岩兵(F)・1000P
 〇岩狼(F)・2000P


 いつの間にかに増えていたようだ。
 どちらも、相当数のPが必用であるが、予算から考えると買うことができる。
 だけど、赤竜の討伐に使えるかは疑問だ。


『なあ、人知さん。この迷宮造形で作ったモノを連れて行くのは可能か?』


【-迷宮内の移動でしたら可能です。ですが地上に進出は不可です-】


『あくまで迷宮内のみってことか。この迷宮仕掛は?』


【-迷宮内のモンスターの能力を変容させる空間のことです。(F)ですと、主の大きさほどかと。そこから出ると効果は失われます-】


『俺くらいってことは、迷宮内全てを埋めるのは不可能か。それに、限られた空間だけでしか効果を発揮しないということは、今の所は買っても意味無しってことか』


 はあ、なんだか思ったよりも大変な気がしてきた。
 今買える戦力は、軽くあしらわれたゴブリンとスライムだ。さらに言えば、少しは役立ったゴブリンキングやスライム王は∞と表示され買うこと自体が不可となっていた。
 あれは、レベルアップしないと手に入れることが不可能とでもいうか、それか俺の迷宮が独特な為独自に変位したとでも考えるべきか。
 どちらにせよ、今の戦力を打破できる力は買えないか。


『ほんと、どうしたことか。なあ、人知さんは何かアイデアはあるかな?』


【-岩兵や岩狼を買う選択はしないのですか?-】


『えっ? いやいや高すぎるでしょ?』


 ほんと、何を言いだすのだろうか。
 確かに、一度は買ってみようかと思ったが、流石に千P単位で買うのは少々腰が引けてしまう。


『でも、人知さんが言うのなら相当役立つのか?』


【-主は岩ゴーレムですので相性は抜群です。仮にも岩兵も岩狼も岩で構成されています。ですので、主の体を通せば永遠と復元し続けるかと……-】


『復元か……』


 確かに体中を構成する岩々をそのまま岩兵、岩狼に譲渡できるのならば、岩々をたくさん持って行けば無限に等しい回復は可能だが。


『それって、もしかしてゴブリンたちよりも役だったりする……?』


 未だに目が覚めない部下たちを横目に、小さく人知さんに投げかける。
 少し黙り、場が静まった後。


【-役立つかの確約はできません。ですが、ゴブ〇ンたちを連れて行くよりは……まだ可能性は高いです-】


『わかった。岩狼を試しに一体、岩兵を一体購入、YESっと』


 直後、辺りが銀色に光り輝き始め、不思議な文様が地を走る。
 そして、その上を覆い隠すかの如く、黒い影が現れた。




「ギェアフア」


 そう活き活きと叫ぶのは岩狼だ。
 大きさは、俺の手の平に乗るほどだ。とても小さく肩にも乗りそうなほどだ。
 見た目は犬に近く、口元には鋭い牙が生えていた。


『うんうん、これは岩狼か……まあ、愛くるしいかな……って!! なにこれ!』


【-岩狼ですよ? 能力値を開示します-】


【岩狼】
・攻撃値1防御値10魔力値0
・スキル《迷区の恩恵》.《岩石吸収A》


 ええと、うん。
 まあ、あれだ。
 ペットにはいいかもしれない。
 って、千Pでペットを買うとか、正気の沙汰ではない。
 ならば、せめて岩兵は……。


『岩兵を一体購入ぅっと、YES! 今度こそ強い奴来い!』


 今度は辺りが金色に輝き。そして地に文様が走る。
 そしてその上を黒い影が覆い隠していく。


『来たれえええっ!』
「ア、ア、ア?」
『・・・・・・』


 赤ちゃんだった。
 岩で出来た赤ちゃんがその場で泣いていた。
 それを見た岩狼が必死にあやしている。






 ……どうしてこうなった
 あれか、俺の行いが悪いのか……?




『なあ、なんだかゴブリンよりも強くは到底見えないけど。どうすればいい?』


【-安心してください。彼らに岩を与えるのです-】


『岩を与える? それって投げるってことか?』


 それは岩といえども、虐待になりそうだな。
 だが、そんな考えとは裏腹に、


【-能力画面から能力振り分けが可能になっていませんか?-】


『能力振り分け? ああ、確かにあるな』


 人知さんの言う通り、確かに能力鑑定を見てみたらそこには能力振分けが増えていた。
 因みに、岩兵の数値は以下の通りだ。


【岩兵】
・攻撃値0防御値0魔力値0
・スキル《迷区の恩恵》.《岩石吸収A》


 悲しいまでに子供であった。
 まあ、子供なのだが。


『……それで、これで与える? ああ、この+を押すのか。ええと、一から百まであるな』


【-それは主の限界譲渡量ですね。百は命に関わりますので-】


『じゃあ、まずは10にするか。岩狼に10、岩兵に10っと』


 直後、体中の岩岩が崩れ、パリンとガラスが割れる様に粉々に砕け散った。
 そして、岩狼、岩兵の体が増幅していく。
 徐々に大きくなり、岩狼の手足の爪は尖り、岩兵は立ち上がり、さらに体中を岩鎧が覆っていく。
 そして、待つこと数十秒。


「ア、ハジメマシテ、イわヘイデう」
「ギュウアア!」


 巨人の岩兵と巨体の岩狼が目の前に立っていた。
 それは先ほどまでとは異なり、存在感に満ち溢れ。
 さらに、言葉をも最初からそれなりに話すことができ。




『あれ、ゴブリンいらなくね』


 と、あまりにも頼もしい援軍に感嘆し。
 誰にも聞こえないほど小さく呟いてしまったのだった。





「勇者に殺された俺はどうやら迷宮の主になったようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く