話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

パーティに見捨てられた罠師、地龍の少女を保護して小迷宮の守護者となる~ゼロから始める迷宮運営、迷宮核争奪戦~

お茶っ葉

十二話 新たな守護者

「レッドスライムだ。ブルースライムと同じGランクだけど、少しだけ強いんだ」


 赤いスライムがウネウネと俊敏に動き回っている。
 幸運にもどうやらこちらには気付いていないらしい。


「あれは、確実に守護者によって操作されていますね」
「僕たちが生み出せない魂無き獣だ。こちらの迷宮核よりも等級が高い可能性がある」


 守護者がいない破棄された小迷宮にも、魂無き獣が残っている場合がある。
 彼らは自らの意思でユグドラシルに出てくる事はない。小迷宮を守護するだけに留まる。
 つまり外で活動している魂無き獣は、確実に誰かの指示の元で動いているのだ。 


「あとを追いかけよう。敵の住処を確かめておかないと」
「はい。先手を打たれる前に行動するべきですね」


 守護者との争いは迷宮核の奪い合いだ。つまり最終的には攻め勝つ必要がある。
 僕の罠は防衛に使えても、相手の領域を攻めるのには向いていない。
 主戦力が魂無き獣である以上、そこで劣ってしまうと正攻法では厳しい戦いになる。


 レッドスライムが【幻影ノ森】にある開けた空間に出ていた。
 木々が薙ぎ倒されていて、水源も近い。変異種が住み着いていた場所なんだろうか。
 中央にある岩場の陰に空洞があった。レッドスライムが中に入っていく。


「割と近場に敵の小迷宮があったんだ。この辺は水源があるし変異種がいたから近付けなかったけど」
「……変異種をうまく利用して、最低限の魔力で防衛していたのかもしれません」
「となると、相手もそこまで魔力を蓄えていない可能性はあるね」


 ユグドラシルに生息する魔物は、魔族だろうと関係なく襲ってくる。
 防衛に変異種の縄張りを利用するなんて、かなり危険度の高い賭けだろう。


 レッドスライムも第一層に生息する魔物だ。
 第二層の魔物と戦うには戦力として心許ない。それをわざわざ偵察に使うなんて。
 相手も僕たちと同じで、魔力の確保に相当苦労しているんじゃないだろうか。


「うん、今のところそこまでの脅威は感じないね。まぁ油断しないに越した事はないけど。レッドスライムもブルースライム三匹で戦わせれば勝てるだろうし、ウルフ一匹でも余裕を持って戦える」
「小迷宮もそこまでの規模はなさそうです。出入口も一つだけではないでしょうか?」
「だろうね、門番の変異種を倒されて慌てて様子を伺いにきたってとこかな」


 最初の相手としては、かなり弱いのを引けたかもしれない。
 さっそくフォンにお願いして、ウルフを一匹、入り口まで進めさせる。
 一度フォンの小迷宮に戻って体制を整えるか悩んだけど、相手が場所を移動する可能性がある。
 変異種を討伐した何者かの存在を相手は警戒しているだろうし、ここで逃すのはあまりに勿体ない。


「お、さっそく慌てて出てきたぞ。レッドスライムが五匹だ」
「ウルフ一匹では厳しそうですね。三匹ほど追加します」


 キラーマンティスから得られた魔力を使ってウルフが追加される。
 魂無き獣同士がぶつかり合う。お互いGランクではあるが、種族としての差が響いたか。
 ウルフ側の圧勝だった。地面にキラキラ輝く石が落ちている、レッドスライムの屑魔石だ。


「こうして召喚に使われた魔力の何割かが、魔石となって返ってくるんだね」
「下手に弱い魂無き獣を増やしすぎても、相手に魔力が渡ってしまう。難しいです」


 無駄に召喚してはいけない事を学んだところで。
 僕たちは相手の小迷宮の中に入っていく。先行するのはウルフ四匹。
 入り口での攻防戦を見るに、相手の戦力はもう殆ど残されていないのではないだろうか。


「……やはり、小迷宮内とそれ以外でコストが違いますね」
「どうしたの?」


 フォンがずっと迷宮核を弄りながら納得したような顔になっている。


「先ほど外でウルフを召喚しましたが、掛かる魔力コストが若干増えていたのです」
「んーつまり。迷宮核を使う場合、小迷宮内じゃないと損をするって事かな?」
「現状もコストが増加したままなので、自分の小迷宮でなければいけないようですね」
「それはちょっと困ったな。ただでさえ魔力不足なのに、今後は外での召喚も控えるべきか」


 新たな事実が発覚したが、今はそれどころじゃない。
 小迷宮は一本道だった。拡張するだけの余裕もなかったのか。


「――――タチサレ」


 薄暗い小迷宮内を反響する女性の声。
 僕たちは気にせず前に進む。ウルフたちは欠伸していた。
 魂無き獣は模倣した魔物の習慣までも真似するらしい。


「――――タ、タチサレ。タチサッテクダサイ、オネガイシマス」


 まったく足が止まらない僕たちに驚いたのか。
 声の主は急に丁寧な口調に変わっていた。殆ど命乞いに近い。 


「……指摘するのもなんだけど。我慢しているみたいだけど、声がずっと震えているよ?」
「はい。まったく怖くありませんでした」
「そ、そんなぁ……!」


 最深部で待ち構えていたのは少女だった。
 彼女の手にあるのはフォンの持つものと同じ色の迷宮核。


「た、助けてください……降参しますので……お願いします」


 僕たちの最初の迷宮核争奪戦は、こうして呆気なく終わってしまった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ◇レッドスライム
 ブルースライムと同じGランクの魔物。全身が赤色で青色よりも三倍速い。
 しかしながら戦闘力は三倍どころか二倍にも届かず、ランク通りの雑魚である。
 赤色だからといって肉食というわけでもなく、青色共々花の蜜を好む温厚な性格。
 狭い所が好きで、よく冒険者の鞄の中に入り込む。魔法書などがドロドロになる被害も。
 素材として採れる赤い液は大変甘く、薬だけでなくお菓子の材料に重宝されるとか。

「パーティに見捨てられた罠師、地龍の少女を保護して小迷宮の守護者となる~ゼロから始める迷宮運営、迷宮核争奪戦~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く