話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

パーティに見捨てられた罠師、地龍の少女を保護して小迷宮の守護者となる~ゼロから始める迷宮運営、迷宮核争奪戦~

お茶っ葉

四話 悪夢

 ――夢を見ていた。僕の両親が、妹がまだ生きていた頃の夢だ。
 僕の故郷は辺境にある田舎村だった。生活は苦しくても家族仲は悪くなかった。
 いつか大きくなって楽させてあげようと思っていた。その為に色々と勉強していた。


 だけど、そんな願いは叶うことなく。勉強も全て無駄になった。
 ある日僕と妹のユノが街へ出かけている間に、村が魔物に食い尽くされてしまったのだ。
 両親も、戻ってきたのは骨だけで、姿形も失っていた。別れの言葉もなかった。


 僅かな遺産を抱えて、親戚に預けられた僕たちだったけど。
 この親戚が嫌な奴で、遺産を横取りして僕とユノを家畜小屋へと追いやった。
 毎日のように殴られて、強制的に働かせられて、全身に消えない傷跡が残っていく。


 そんな僕を見てユノはずっと泣きながら謝っていた。彼女は身体が弱かったから。
 親戚は足手纏いだとユノを冷遇していたけど、僕が常に身体を張って庇い続けた。
 それが兄の役目だからと。そんな過酷な毎日を過ごしていると、よからぬ噂を耳にした。
 近いうちにユノが領主の息子に奴隷として売られると。二度と会えなくなってしまうと。


 このままじゃ不味いとユノを連れて僕は親戚の家を、家畜小屋から抜け出した。
 逃げる際に家に火を放った。この時点で僕も精神的に追い込まれていたのもあった。
 当然だけど、追っ手として雇われたのは武器を持った傭兵たちで、命すら狙われてしまう。


 だけど僕たちは、何とか別大陸の街へと流れ着くことができた。
 これから二人で一緒に暮らしていこう。そう決意したのに、今度は大厄災に襲われた。
 それは大きな揺れだった。大地が裂け、建物が、人々が呑み込まれていった。


 迷宮異世界ユグドラシルが誕生してから。
 数十年に一度、世界には大厄災と呼ばれる異変が起こる。
 一説によると、僕たちの住む世界がもうすぐ寿命を迎えるとかで。
 それを防ぐ手段が迷宮異世界に眠っているとか。ともかく原因不明の天変地異が起こるのだ。


 そして僕の目の前でユノが――――大切な妹が消えてしまった。


 何もかもを失った僕は、気が付いたらユグドラシル攻略の最前線とも言われている。
 迷宮都市ミズガルズを彷徨っていた。旅の最中に誰かから情報を聞いて覚えていたんだろう。
 幸運にもユニークスキルを持っていた僕は、見込みがあるとして冒険者の資格を得られた。


 とはいえ、期待されるほど強いスキルではなかったけど。
 不幸だった。ずっとずっと。幸せなんて遠い世界のおとぎ話のようなもので。
 それでも生きていたら何とかなる。そう自分に言い聞かせて頑張ってきたけど。


 今度は一緒に組んでいたパーティに裏切られた。殺されかけた。
 もうこれ以上、僕にどうしろというのだろう。これ以上苦しんで何になる。
 正直、どうでもよくなってくる。ここで諦めたって誰も文句は言わないだろう。


 最後に出会った少女の顔が思い浮かぶ。何故か龍と知っても恐怖はなかった。
 どうしてか少しだけ考えて、気が付いた。穏やかな雰囲気がユノに似ているんだ。


 ◇


「……ください……起きて……」
「……ん」


 ゆっくりと身体を揺らされて、目が覚めると未だ冷たい暗闇の中だった。
 フォンがじっと僕の顔を覗き込んでいる。その困った表情が妹にそっくりだ。


「大丈夫ですか……? ずっと、うなされていました」
「……昔の夢を見ていたんだ。もしかして、うるさかった?」


 僕が見る思い出は、いつも悪夢と似たようなものだ。
 フォンは「気にしていないです」と、素早く傍を離れていく。
 昨日よりは若干距離が縮まっている気がした。フォンは静かに座っている。 


「僕を、食べなかったんだね」
「え?」
「……なんでもないよ」


 寝ている間に食べられるかと思ったけど。
 龍はそもそも人の肉が好みじゃないのかもしれない。
 立ち上がって伸びをする。生を実感すると、喉が渇いてきた。


「これ、どうぞ……水です。リーン、汗をかいているから……用意しました」
「えっ、嬉しいけど。貴重なはずなのにいいの?」


 渡されたのは水が入った古い容器だ。
 潤沢に入った透明な液体が、波紋を浮かべて揺れている。
 フォンは包帯を巻いた頭を動かして、疑問を浮かべていた。


「……外の泉で簡単にとれますよ?」 
「いやいや、外は危険な変異種がうろついているはずだけど……!」
「私、これでも……龍です。それに、ここに住み着いてから長いので……」


 怪我を負っても龍は龍なのか、第二層の魔物を恐れていないらしい。
 ありがたく水をいただく。身体が喜んでいるのがわかる、涙が出そうなほど美味しい。


「ありがとう。生き返った気分だよ」
「……よかったです。いただいたパン、美味しかったです」


 フォンは赤い宝珠を撫でながら僅かに微笑む。
 僕が害を与える人間ではないとわかってくれたらしい。
 多少の信頼を得られたところで、気になっていたことを尋ねてみる。


「フォンが持っているその……動く奇妙な珠って何なのかな?」
「これは――迷宮核と呼ばれる宝珠です」
「へぇ、それがそうなんだ」 


 迷宮核。確かユグドラシル内の小迷宮を創造する魔力核であり。
 本来は小迷宮を管理する守護者ガーディアンが保持しているはず。間近で見るのは初めてだ。
 冒険者にとって飛び跳ねて歓喜するほどのお宝で、内容次第では莫大な財産を得られる。
 内封する力の度合いで等級グレードがあり、下の方であってもそれなりの価値はある。


 守護者を倒した時点で、迷宮核も破損することが多く。
 フォンが手にしている傷一つない迷宮核は、等級以前に価値としてはかなり高い。
 現存する神器と呼ばれる最高クラスの武具にも確か、等級の高い迷宮核が使われているとか。


「私は……母様からこれを託されました」
「フォンのお母さん……それって」
「はい、ここまでの道中にあった亡骸。私の……母様です」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ◇大厄災
 ユグドラシルが誕生してから、地上では数十年おきに天変地異が発生するようになる。
 国は荒れ果て、世界は徐々に衰退している。人々は救いを求めて神樹を登るようになった。
 原因がユグドラシルにあるとすれば、解決策も同じ場所にあるだろうという希望的観測からだ。
 しかし、この説を信じる者は数多く存在する。神樹を崇める新興宗教なども現れるようになった。

「パーティに見捨てられた罠師、地龍の少女を保護して小迷宮の守護者となる~ゼロから始める迷宮運営、迷宮核争奪戦~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く