キャンディータフト【完】

邪神 白猫

20



「ずっと待たせてごめん……」

 泣きながら謝る大ちゃんの姿を見て、まるで心臓を鷲掴みにされているかのように胸が苦しくなる。

「俺、ずっとひよの事探してたんだ……」

 そんな訳あるはずがない……。
 私は椅子から立ち上がると一歩後ずさった。
 嘘……っ嘘……っ!

「まさか学校にいるとは思わなくて……ずっと一人で待たせてごめんね」

 涙に濡れた顔で悲しそうに微笑む大ちゃん。
 私は震える自分の手を見つめると、今日あった出来事を一つ一つ思い出した。

 先程めぐちゃんに言われた言葉。
 音楽室で不思議そうな顔をしていた瞳ちゃん。
 タイムカプセルを開けた時の皆んなの笑顔と会話。
 初めから感じていた違和感。

 そうーー
 私は、大ちゃん以外と目も合わせていなければ会話もしていなかった。
 チラリと窓に視線を移すと外はもうすっかりと陽が落ち、教室の灯りでまるで鏡のように私の姿を映し出す窓硝子。

 あぁ……そうだったんだ。
 高校生になった話し。
 廃校の話し。
 タイムカプセルを掘り起こす話し。
 大ちゃんから聞かされたその話しは、どれも私にはよくわからなかった。
 窓に映った自分の姿を見て、その理由がようやくわかった。
 幼い顔で涙を流すセーラー服姿の小さな自分を見て、私は小さく微笑んだーー。



「キャンディータフト【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く