キャンディータフト【完】

邪神 白猫

17

 

「……もうすぐ陽が落ちるね」

 立ち上がって窓の外を見る大ちゃんを追って隣に立つと、私は夕陽に染まった空を眺めた。

「教室に行こうか」
「うん」

 そう促された私は、笑顔で頷くと大ちゃんと並んで教室へと向かう。

「……ひよ、さっき俺の席に座ってたね。何で? 」

 隣を歩く大ちゃんが、突然そんな質問を投げかけてくる。
 ……何で? 何でだかわからないけど……。

「大ちゃんに見つけて貰えるかと思って」
「……そっか。見つけられて良かった」

 夕陽に染まった大ちゃんの横顔は、少し悲しそうに見える。……そんな気がした。
 教室の前まで着くと、開けたままの入り口を潜ってそのまま教室へと足を進める。

「ひよの席はここ」

 先程私が座っていた席に腰を下ろした大ちゃんは、椅子ごと後ろへ向くと目の前の机をトントンと叩いた。
 大ちゃんに言われた通り、私は黙って後ろの席へと座る。
 私と目を合わせた大ちゃんは、優しく微笑むと口を開いた。

「今日はひよに会えて本当に良かった」

 何だか先程から少し様子のおかしい大ちゃんに戸惑う。

「うん。私も大ちゃんに会えて良かったよ。ずっと会いたかったから……」

 素直な気持ちを伝えると、大ちゃんは少し悲しそうに微笑む。
 まただ……。先程から、時折見せる悲しそうな顔。
 私は何かしてしまったのだろうか?
 言いようのない不安に、緊張した私は震える声で口を開いた。

「大ちゃん。私……何か悪い事しちゃったのかな? 」
 


「キャンディータフト【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く