キャンディータフト【完】

邪神 白猫

16



 音楽室を後にした私達は、再び並んで廊下を歩いて行く。
 古びた木造建ての校舎は所々がもろく崩れ、窓からは隙間風が吹き込んでいる。そんな老朽化の進んだ校舎でも、私はとても好きだった。
 特に、歩く度にきしむ廊下が私のお気に入り。
 この学校が無くなってしまうなんて、やっぱり凄く寂しい。

「学校が無くなるのはやっぱり寂しいね」

 隣を見ると、そう呟いた大ちゃんが寂しそうな顔をする。

「うん……」

 大ちゃんも私と同じ思いでいてくれたんだと、少し嬉しく思いながら返事をする。

「俺は中一の一学期までしかいなかったけどさ。やっぱり寂しいよね、母校がなくなるのは」
「そうだね。私……大ちゃんと一緒に卒業したかったな」

 こぼれ出た本音に、ハッとして大ちゃんを見る。

「ひよ……」
「……」

 辛そうな表情で見つめてくる大ちゃんに、目を逸らせなくなった私は黙って見つめ返した。

「俺も……。ひよと一緒に卒業したかった。ずっと側にいてあげたかった」

 今にも泣き出しそうな顔をする大ちゃん。そんな姿に焦った私は、慌てて笑顔を作ると口を開いた。

「しょ、しょうがないもんね。お父さんの仕事の都合で引越しになっちゃったんだから」

 決して大ちゃんを責めている訳でもなければ、こんな辛そうな顔をさせたかった訳でもない。
 何とかこの空気を変えようと、私は焦りながら思案する。

「あっ……」

 目に付いた少し色の変わった壁板に近付くと、そのままその場にしゃがみ込む。
 壁の下側にある色の変わった五枚分の板。

「ほら、大ちゃん」

 ニッコリと笑って振り返ると、大ちゃんは笑顔で口を開いた。

「そんな事も覚えてたんだね」

 私の隣にしゃがんだ大ちゃんは懐かしそうに壁に触れた。

 昔はこの板を軽く叩くと簡単に外れ、外へ通じる穴となった。
 ここは、大ちゃんの秘密の近道。先生に見つかっては怒られ、それでも暫くするとまた大ちゃんはここを使っていた。
『今日も見つかっちゃったよ』と悪びれた様子もなく笑顔で話していた大ちゃんを懐かしく思う。

「張り替えられちゃったんだね。まぁ、流石にもう通れないけど」
「大ちゃん凄く大きくなっちゃったもんね」

 クスクスと笑いながら話す大ちゃんを見て、和やかな空気に戻った事に安堵する。


「キャンディータフト【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く