キャンディータフト【完】

邪神 白猫

12




「ーーひよ、こっち」

 校舎に向かっていた大ちゃんが、突然入り口とは別の方へと歩き出し手招きをする。
 どうしたのかな? 
 そう思いながらも黙って後を追う。
 校舎に沿って歩く大ちゃんの背を見つめながら歩いていると、突然大ちゃんが口を開いた。

「良かった、もう咲いてる。ほら、ひよ見てごらん」

 目の前で立ち止まった大ちゃんの横まで近寄ると、その視線を辿ってみる。するとそこには、白やピンクや紫の花びらを付けた、とても綺麗な花が花壇に咲いていた。

「わぁ……! 綺麗! 」

 瞳を輝かせる私を見てクスリと笑った大ちゃんは、花壇の前にしゃがむと口を開いた。

「……この花、覚えてる? 」
「うん……キャンディータフト」

 優しく微笑む大ちゃんに、私は笑顔で答えた。
 忘れもしないーー大ちゃんが私にくれた花だから。

 枯れない花が欲しいと言った私に、大ちゃんはキャンディータフトを押し花にして栞にしてくれた。
 あれは確か小学四年生の頃。
 少しいびつな形をしたその栞は、不器用な大ちゃんが私の為に一生懸命作ってくれたんだと、私は子供ながらに凄く嬉しく思ったのを覚えている。

 今でも大切に持ってるよ、なんて恥ずかしくて言えないけど……私の宝物。
 大ちゃんも覚えててくれたんだと、私は心が温かくなるのを感じた。

 大ちゃんは、この花言葉を知っているのだろうか?
 当時、栞を貰った私は嬉しくてキャンディータフトをたくさん本で調べた。
 そんな昔の自分を思い出し、フフッと微笑む。

「どうかした? 」

 花を見て小さく笑った私に、大ちゃんは不思議そうに首を傾げる。

「ううん、何でもない。綺麗だね」
「うん。ひよと一緒に見れて良かった」

 笑顔で答える私に、大ちゃんはとても優しく微笑み返すと、そう言って目の前の花へと視線を移した。



「キャンディータフト【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く