キャンディータフト【完】

邪神 白猫

10



 高校生になったら皆んなバラバラになってしまう。それがわかっていた私は、その事を寂しく思い、当時手紙に書いたのだろう……。
 頬に流れる涙をそっと拭うと、私は顔を上げた。

 手紙を読み終わって静まり返った空間。
 めぐちゃんと瞳ちゃんは静かに涙を流し、大ちゃんと浩ちゃんの目には涙が溜まっていた。
 しんみりとしてしまった空気に恥ずかしくなった私は、隣にいる大ちゃんを見ると小さく笑ってみせる。
 それに気付いた大ちゃんは、私につられて小さく微笑んでくれた。

「こっちは何かな……? 」

 再びピンクの封筒に手を入れためぐちゃんは、中からもう一つの封筒を取り出した。

「大樹……」

 小さく呟くめぐちゃんの手元を見ると、そこには【大ちゃんへ】と私の字で書かれた封筒があった。
 それを確認した私は、一気に顔が赤くなるのを感じて慌て出す。
 確か……あの手紙には大ちゃんへの気持ちを綴った記憶が……。
 そんな物をここで読まれては困る。口を開こうとした次の瞬間、私の隣から声が聞こえた。

「それは後で読むから、しまっておいて」

 隣を振り返ると大ちゃんと目が合い、私を捉えたその瞳は優しく微笑んでくれる。
 安堵した私はめぐちゃんへと視線を戻してみると、めぐちゃんは封筒を持ったままジッと固まっていた。
 どうしたのだろう?

「めぐちゃん……? それは読まないで欲しいな」

 様子を伺うように覗き込むと、何故か悲しそうな顔をしためぐちゃんが口を開いた。

「うん……わかった」

 手に持った大ちゃん宛ての手紙を、丁寧にピンクの封筒にしまってくれる。
 そんなめぐちゃんの姿を見つめながら、私は少しの違和感を感じた。
 ーー何故かはわからない。だけど、何か少しモヤがかかったような……不安な気持ち。



「キャンディータフト【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く