キャンディータフト【完】

邪神 白猫



「それじゃあ、開けるね」

 青い缶に手を掛けた瞳ちゃんが小さく唾を飲み込む。

 ーーーパカッ

 蓋の空いた缶を覗き込むと、中には色々な物が入っていた。
 それを思い思いに取り上げると、「懐かしいね」なんて言いながら昔を思い出す。

 私は一体何を入れたのだろう……?
 そう思っていると、めぐちゃんがピンクの封筒を取り上げた。

「これは誰のかな? 」

 そう言いながら裏を見ると、【日和】と名前が書いてある。私の字だ。
 ーー徐々に蘇ってくる記憶。

「開けてもいい……? 」

 そう訊ねるめぐちゃんの声に、私は手紙を書いた事を思い出した。コクリと小さく頷くと、それを見ていた大ちゃんが優しく微笑んで口を開いた。

「うん、開けてみよう」

 めぐちゃんはピンクの封筒から更に小さな封筒を取り出すと、それをジッと眺める。

「これ……読んでいいの? 」

 めぐちゃんの手に握られた手紙には、私の字で【みんなへ】と書かれている。
 それは、私から皆へ宛てた手紙だった。

「みんなへって書いてあるから大丈夫だよ、ねぇ? 」
「うん、読んでいいよ」

 瞳ちゃんの声に、私は笑顔で返事をする。
 目の前で読まれるのは少し恥ずかしい気もするけれど、皆へ宛てて書いた手紙だから。皆に読んでもらいたい。

「めぐ読んでよ」

 浩ちゃんの発した言葉で、めぐちゃんは手紙を開くと声に出して読み始めた。
 そこには、書いた本人でさえ忘れていた過去の私の気持ちが綴られていた。


「キャンディータフト【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く