キャンディータフト【完】

邪神 白猫




「……そうだね。俺もひよに会えて凄く嬉しい」

 そう言って笑顔で返事をしてくれる大ちゃん。
 私が好きだった大ちゃんの優しい笑顔は、成長した今でもやっぱり変わらない。
 小さい頃から大好きで、大好きで……。でも、結局気持ちを伝える事はできなかった。
 私の初恋でーー今でも好きな人。

 目の前の大ちゃんを見つめていると、私の視線に気付いた大ちゃんが笑顔で見つめ返してくれる。この空気がとても懐かしくもあり、なんだか少しくすぐったい。
 暫く見つめ合っていると、チラリと窓の外に視線を移した大ちゃんが口を開いた。

「あっ……皆んな来たみたいだよ」
「皆んな……? 」

 視線を私に戻した大ちゃんがニコリと微笑む。

「タイムカプセル」
「えっ……? 」
「ここ廃校になるから。その前に皆で埋めたタイムカプセル掘りおこそうって」

 そう言って窓の外を指差す大ちゃん。
 その指先を辿って見てると、先程見た大きな木に三つの人影があった。

「そっか……そうだったね。タイムカプセル」

 大ちゃんに会えた喜びからか、今の今まですっかり忘れてしまっていた。

「俺達も行こうか」
「うん」

 そう促された私は、立ち上がると大ちゃんに付いて教室を後にした。



「キャンディータフト【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く