シェアハウス【完】

邪神 白猫

14



「……あっ! ねぇ、真紀の住んでる家ってどこにあるの? 私ちょっと話してみるよ、静香さんと。話せば安全かどうかわかるし」
「あ……家は教えられないの」
「え? ……何で?」
「静香さんがね、持ち家だから自分の知らない人に個人情報話して欲しくないって」
「……わかった。じゃあ探すよ。真紀から聞かなきゃいいんでしょ? なら自力で探す」
「えっ!?」

 香澄の突拍子もない発言に驚く。

「ここから徒歩十分だって前に言ってたよね? 真紀の帰る方向は知ってるし大丈夫。……うん、探せるよ」

 自信満々に話す香澄に、思わず唖然とする。

「家の特徴だって前に真紀に聞いたし。絶対に見つける自信あるよ。私が勝手に見つけちゃったなら問題ないでしょ? 」
「そこまでしなくても……大丈夫だよ」
「何言ってんの?! 絶対変だよ、その静香さんて人! 私が会って見極めてやるんだから!」

 胸の前で腕組みをした香澄は、そう言って息巻いた。

「家賃三万だってさ、もしかしたら女の子目当てかもしれないよ?! 相手が女の人だからって安心しちゃいけなかったんだ……あーっもう! 私のバカ!!」

 ロッカーから取り出した荷物を雑にまとめた香澄は、「じゃあ、早速今日探してくるから! バイト頑張ってね」と足早に去って行く。

「あっ……!」

 止める間もなく去って行ってしまった香澄。
 パタンと閉じる扉を眺めながら、大丈夫だろうか……?と心配になる。

 追いかけたいのは山々だが、早番の香澄に対して今日の私は遅番のシフト。
 先程バイトが終わった香澄と入れ違いで、私は今からバイトなのだ。

 あと八時間……。

「とりあえずバイトが終わったら連絡してみよう……」

 自分のロッカーに鍵を掛けると、私はポツリと小さく呟いたーー。


「シェアハウス【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く