シェアハウス【完】

邪神 白猫

13



「えっ?! 何それ……その人レズなんじゃない?」

 最近あった静香さんとの出来事を話してみれば、香澄は一瞬驚いた顔をしてそう言った。

「やっぱりそうなのかな……」

『男の人は好きじゃない』
 とハッキリ言葉にしていた静香さんを思い出す。

「で、どうするの? 家出るの?」
「……別に偏見がある訳ではないし。静香さん良い人だから……」
「あのねぇ、わかってる? 人の指舐めて何度も名前呼ぶって異常だよ?! 真紀絶対狙われてるから! 家賃三万が惜しいのはわかるけどさぁ」

 私の言葉に怒り出した香澄は、最後には呆れたような顔をすると大きく溜息を吐いた。

 確かに香澄の言う通り、あの時の静香さんは異常だった。
 ピチャピチャと音を鳴らして指を舐め、呼吸を荒げて私の名前を呼ぶ静香さん。
 あの異常な光景は私の脳裏に焼き付いて離れない。

 静香さんの色気にドキリとし……
 それ以上に恐ろしさで背筋がゾクリとしたのを覚えている。

 それでもやっぱり家賃三万には惹かれるし、そもそもあそこを出たら住む家がなくなってしまう。

 黙ったまま俯いていると、目の前にいる香澄が口を開いた。

「ごめん。出たくてももう出れないんだよね。私も同棲してなかったら泊めてあげれたんだけど……」
「ううん、ありがとう。頑張ってお金貯めて一人暮らしするよ」
「まだまだ先になりそうだね」
「……うん」
「話しならいつでも聞くから。何もできないかもしれないけど、困ったら言ってね」

 そう言って心配そうな顔を見せる香澄に、「ありがとう」と告げるとロッカーを閉じた。



「シェアハウス【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く