シェアハウス【完】

邪神 白猫



「私ね、真紀ちゃんが美味しそうに食べてる姿を見るのが好きなの。遠慮なく沢山食べてね」

 目の前に座った静香さんは、そう言うと小首を傾げて優しく微笑んだ。

「はい。いただきます」

 静香さんが見守る中、一人食べ始めた私。
 笑顔で私を見続ける静香さんの視線が気になった私は、食べる手を止めて口を開いた。

「静香さんは食べないんですか?」
「そうね、じゃあ一緒に食べようかな」

 そう言って優しく微笑んだ静香さんは、自分の分の食器を出してくると私と一緒に食べ始める。

「このお肉美味しいですね」
「今日のお肉はチキンよ。明日は豚肉にしようね。真紀ちゃん豚肉好き?」
「はい! 静香さんの作ってくれる料理なら何でも好きです」
「真紀ちゃんたら……本当に可愛いわね」

 目の前でクスクスと笑う静香さんを見て、あのサイトを見てこの物件に出会えた事、そして静香さんに出会えた事に心から感謝した。

 今思えば、当初不安に思っていた自分が馬鹿らしくさえ思える。
 こんなに素敵な人と出会えるなんて……。
 やっぱり即決して良かった。

 私はチキンの乗ったスプーンを口に運ぶと、とろけるように柔らかく煮込まれた肉を四、五回噛むと喉に流し込んだーー。





「シェアハウス【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く