シェアハウス【完】

邪神 白猫



「ーーはい、どうぞ」
「ありがとうございます」

 目の前に出せれたティーカップを手に取った私は、一言お礼を告げると中に注がれた紅茶を一口飲み込んだ。
 ソーサーにカップを置いて視線を上げると、優しく微笑みながら私を見る静香さんと視線がぶつかった。

「真紀ちゃん可愛いわね」
「えっ……?!」

 突然そんな事を言われ、驚きにピクリと小さく身体が跳ねる。
 こんなに綺麗な静香さんにそんな事を言われれば、お世辞とわかっていても見る見る内に私の顔は赤くなっていった。

「かっ、可愛くなんてありません。静香さんの方がよっぽど綺麗で……羨ましいです」

 赤くなった顔を少し俯かせてそう言うと、それを見た静香さんはフフッと笑った。

「ありがとう。でも真紀ちゃんの方が可愛いと思うな……茹でダコみたい」

 私の赤くなった頬をツンッと軽くつつくと、静香さんは優しく微笑んだ。
 その仕草に、私の胸はドキリとする。

 相手は女性だと言うのに……。
 これから本当に一緒に暮らしゆけるのだろうか……?
 とてもじゃないけど、私の心臓が持ちそうにない。
 早鐘のようにドキドキと鳴る胸を押さえると、私は小さくふぅーと息を吐いたーー。



「シェアハウス【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く