シェアハウス【完】

邪神 白猫



 一旦荷物を部屋へ置くと、一通り家の中を案内してくれる静香さん。

 リビングは二十畳程あり、そのあちこちには綺麗な花や観葉植物が置かれている。
 その広さには圧倒されたものの、センスのよい部屋に居心地の良さを感じた。

 一階にはリビングと居室が二部屋にお風呂とトイレが。
 二階には寝室が三部屋とトイレがあった。

 こうして見てみると、家賃三万で住めるのが本当に夢のようだ。

 隣で説明をしながら微笑む静香さんを見ると、私は奥の部屋を指差して口を開いた。

「あの、あの部屋は……?」

 先程から家を案内してくれている静香さんは、全ての扉を開いて中を見せながら私に説明してくれていた。

 二階奥にあるあの部屋を除いて。

「……あそこは私の趣味の部屋。恥ずかしいから覗かないでね」

 私の指差す方向に目を向けた静香さんは、私へ視線を移すと困ったように微笑んだ。

「あっ……はい! 絶対に覗きません!」

 失礼な事を言ってしまったと焦って頭を下げる私を見て、静香さんはクスリと笑うと「お茶にしましょうか」と言って私をリビングへと誘った。



「シェアハウス【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く