シェアハウス【完】

邪神 白猫



 ーーーピンポーン

「ーーはい」
「あ……あの、樋口真紀です」
「あ、ちょっと待ってね」

 インターホン越しに聞こえるその声は、先日電話口で聞いたのと同じ穏やかな声で……。
 緊張で固まっていた私は、ホッとすると身体から力を抜いた。

「ーーいらっしゃい、真紀ちゃん」

 目の前の扉が開くと、中からとても優しい笑顔をした女性が現れた。

 想像以上に綺麗なその姿に、私は再び緊張で固まると思わず見惚れてしまった。
 スラリと伸びたモデルのような手足に整った小さな顔。
 サラサラの長い黒髪を耳に掛ける仕草にドキリとする。

「迷わなかった?」
「……っあ、はい! 大丈夫でした」

 ペコリと小さくお辞儀をすると、クスリと笑った静香さんは、「どうぞ中に入って」と優しく私を迎え入れてくれた。

「ーー真紀ちゃんの部屋はここ。自由に使ってね」

 そう案内された部屋には、ベッドと大きめな棚が用意され、その横にはクローゼットまで付いている。
 壁にはベッドと同系色の可愛らしいピンクのカーテンが掛かり、全体的にとても女の子らしい部屋だった。

「あの……本当に三万でいいんでしょうか?」

 こんなにいい部屋を本当に三万で貸してもらえるのだろうか?
 もしかしたら私の聞き間違いかも。
 この部屋を見るとそんな気がしてくる。

「安心して、光熱費込み三万で大丈夫よ」

 私の不安な気持ちを察したのか、静香さんはフフッと柔らかく笑うとそう言った。



「シェアハウス【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く