井戸の中【完】

邪神 白猫

11




「ーー公平、ちょっと今いいか? 」

 告別式も無事に終わり、部屋の片隅で食事をとっていた俺は、その声に視線を上げると声の主を見た。
 するとそこには、昔の面影を残しつつも立派な大人へと成長した司と隆史がいた。

「あぁ……」

 面倒臭さそうに答えた俺の態度を特に気にするでもなく、二人は俺の前へ座ると口を開いた。

「「ごめんっ……」」

 ーーー!?

 そう言って頭を下げる二人を見て、予想もしていなかった展開に面食らう。
 あの二人が……俺に謝るっていうのか?

 目の前で頭を下げる二人を眺め、一度小さく溜息を吐くと口を開く。

「……いいよ、もう」

 何だか拍子抜けだ。
 そう思った俺は、それだけ言うと席を立った。
 気分転換にと外で一服をすると、再び部屋へ戻ろうと玄関扉に手をかける。

「ーー公平には近付くなよ」

 ーーー!

 中から聞こえる話し声に、扉から手を離した俺は身を潜めた。
 俺の事……?
 何やら、俺の話しで揉めている隆史と河原さん。
 俺はその会話に耳を傾けると息を殺した。

「ーーあいつは死んだ親父にソックリだよ! 」

 河原さんのすすり泣く声が聞こえた後、パタパタと走り去る音を残して静かになった扉の向こう側。
 俺はゆっくりと扉を開くと中に向かって話し掛けた。

「ーー隆史。二人きりで話し、いいかな? ……裏庭に行こう」

 突然現れた俺に驚いた顔を見せる隆史。
 そんな隆史を見て、俺はニヤリと不気味に微笑んだーー。


「井戸の中【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く