井戸の中【完】

邪神 白猫




 翌日、学校へ行った俺は智が大事にしているペンケースをコッソリと盗んだ。
 智が筆箱代わりに使っている、少し変わった型のこのポーチ。
 海外旅行に行った親戚からのお土産だとかで、そんな話しを教室で自慢気にしていた智を思い出す。

 俺は手元のポーチを宙にかざすと、パッと手を離して井戸の中へと落とした。
 ポーチの行方を目で追って見ていると、それは井戸の底へ着く瞬間、まるで何かに吸い込まれるようにして忽然と姿を消した。

「……ざまぁみろ」

 何とも不可解なその現象を不思議に思いながらも、爽快感からフッと鼻から息を漏らしてほくそ笑む。

「ーーおいっ!! 公平っ!! 」

 ーーー!?

 突然の声に驚いた俺は、ビクリと肩を揺らすとゆっくりと後ろを振り返った。

「ペンケース盗んだのお前だろっ!! 」

 そう言った智は、酷く怒った顔で俺に向かって突進してくる。
 すんでの所でそれをかわすと、俺は智を睨んで口を開いた。

「……そんなの知るかよ! 」
「お前以外に誰がいるんだよっ! 貧乏人がっ!! 」

 掴みかかって殴ろうとする智をかわしながら、必死にその場で転げ回る。
 何とか立ち上がって逃げようと背を向けたその時、グイッと背後から髪を掴まれ、痛みに思わず顔が歪む。
 くそっ……!
 頭にきた俺は、手元に転がる石を掴んで後ろを振り返った。
 振り向きざまに、力任せにその手を振り上げる。

 ーーーゴッ!


「井戸の中【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く