井戸の中【完】

邪神 白猫



「近寄んなよっ、性病っ! 」
「うわっ! くっせぇー! 」
「ほんとだっ! くっせぇー! 」
「性病の匂いだっ! くせぇー! 」
「「「性病ぉーっ! 性病ぉーっ! 性病ぉーっ! 」」」

 学校からの帰り道、いつまでも続く田んぼ道の真ん中で、同級生に囲まれた俺はそんな悪口を浴びせられながらトボトボと歩いてゆく。
 ゲラゲラと笑いながら、代わる代わるに俺を小突くさとしつかさ隆司たかし

 人口の少ないこの田舎では、大抵の者が皆顔見知りで、その狭いコミュニティの中で複数の女性と関係を持っていた俺の父親。
 それは勿論周知の事実として、大人達は呑んだくれの父親の事を悪く噂した。
 それを間近で見ていた子供達は大人を真似、その悪口の対象は父親ではなくその息子にあたる俺へと向けられた。

 悔しさに涙を滲ませた俺は、下唇を噛みしめると目の前のさとしを着き飛ばして一気に駆け出した。

「……あーっ! 性病が逃げたーっ! 」
「っいってぇー。……ふざけんな公平っ! 」
「待てぇーっ! 性病ぉーっ! 」

 逃げ出した俺を捕まえようと、智達はゲラゲラと笑いながら追いかけてくる。
 捕まってたまるかと必死に走って逃げる姿は、まるで獣に狩られる兎のようだ。

 必死に走って逃げ切ると、玄関扉に手を伸ばして家の中へ入ろうとする。

 ーーー!?

 その瞬間、俺の身体はグンッと後ろへ引き戻され、驚きに反射して振り返ると俺のランドセルを掴んだ智がニヤリと不気味に笑った。

「つーかまーえたー」

 呆然と智を見つめたまま固まった俺は、額から冷んやりとした汗が流れるのを感じて、ゴクリと小さく喉を鳴らすと唾を飲み込んだーー。



「井戸の中【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く